文系学生「就職人気」トップ100社ランキング

1位は三菱東京UFJ、2位みずほ、3位がANA

2018年卒の文系学生が入社したい企業は、金融やエアラインなど不動の顔触れとなった(写真Graphs / PIXTA)

ゴールデンウイークの最中でも進む就職活動。東洋経済オンラインでは、就活中の学生を対象にした「就職ブランドランキング調査」を発表しているが、今回は文系学生に人気のあるトップ100社を発表する。ランキングは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基に作成した。

金融は不動、エアラインや旅行に人気

調査対象者は同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録する、2018年春入社希望の大学生や大学院生だ。この調査は就活期間の前半と後半に行っており、今回は就活前半の調査結果の中から文系学生が入社したい上位100社を掲載する。全国の就活生の約3分の2は文系なので、その傾向は気になるところだ。

トップ10には2017年卒とほぼ同じ企業が並んでいる。1位の三菱東京UFJ銀行、2位のみずほフィナンシャルグループは不動の人気だ。ほかにも金融人気は高く、10社中6社が金融関連企業となった。

次に目立つのが旅行・エアライン系企業だ。全日本空輸(ANA)が昨年の7位から3位にランクアップ。日本航空(JAL)は、昨年11位とトップ10から外れていたが、今年は9位となった。トップ10の常連JTBグループは、昨年より順位を下げたものの、堂々の5位である。

次ページ電通のあの事件の影響は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT