文系学生「就職人気」トップ100社ランキング

1位は三菱東京UFJ、2位みずほ、3位がANA

2018年卒の文系学生が入社したい企業は、金融やエアラインなど不動の顔触れとなった(写真Graphs / PIXTA)

ゴールデンウイークの最中でも進む就職活動。東洋経済オンラインでは、就活中の学生を対象にした「就職ブランドランキング調査」を発表しているが、今回は文系学生に人気のあるトップ100社を発表する。ランキングは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基に作成した。

金融は不動、エアラインや旅行に人気

調査対象者は同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録する、2018年春入社希望の大学生や大学院生だ。この調査は就活期間の前半と後半に行っており、今回は就活前半の調査結果の中から文系学生が入社したい上位100社を掲載する。全国の就活生の約3分の2は文系なので、その傾向は気になるところだ。

トップ10には2017年卒とほぼ同じ企業が並んでいる。1位の三菱東京UFJ銀行、2位のみずほフィナンシャルグループは不動の人気だ。ほかにも金融人気は高く、10社中6社が金融関連企業となった。

次に目立つのが旅行・エアライン系企業だ。全日本空輸(ANA)が昨年の7位から3位にランクアップ。日本航空(JAL)は、昨年11位とトップ10から外れていたが、今年は9位となった。トップ10の常連JTBグループは、昨年より順位を下げたものの、堂々の5位である。

次ページ電通のあの事件の影響は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング