文系学生「就職人気」トップ100社ランキング

1位は三菱東京UFJ、2位みずほ、3位がANA

2018年卒の文系学生が入社したい企業は、金融やエアラインなど不動の顔触れとなった(写真Graphs / PIXTA)

ゴールデンウイークの最中でも進む就職活動。東洋経済オンラインでは、就活中の学生を対象にした「就職ブランドランキング調査」を発表しているが、今回は文系学生に人気のあるトップ100社を発表する。ランキングは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基に作成した。

金融は不動、エアラインや旅行に人気

調査対象者は同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録する、2018年春入社希望の大学生や大学院生だ。この調査は就活期間の前半と後半に行っており、今回は就活前半の調査結果の中から文系学生が入社したい上位100社を掲載する。全国の就活生の約3分の2は文系なので、その傾向は気になるところだ。

トップ10には2017年卒とほぼ同じ企業が並んでいる。1位の三菱東京UFJ銀行、2位のみずほフィナンシャルグループは不動の人気だ。ほかにも金融人気は高く、10社中6社が金融関連企業となった。

次に目立つのが旅行・エアライン系企業だ。全日本空輸(ANA)が昨年の7位から3位にランクアップ。日本航空(JAL)は、昨年11位とトップ10から外れていたが、今年は9位となった。トップ10の常連JTBグループは、昨年より順位を下げたものの、堂々の5位である。

次ページ電通のあの事件の影響は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。