先輩たちが選んだ「就職人気ランキング」100

就活生必見!過去3年の人気企業をチェック

2015年卒生が参加していた、2014年1月開催のマイナビ就職EXPOの会場風景。当時の先輩たちにとっての人気企業はどんな会社だったのか (撮影:梅谷秀司)

就職活動をする学生は業界研究などを進めながら、自分に合う企業や行きたい企業を見つけていくことになるだろう。そしてその中には、誰もが知る有名企業や応募が殺到する人気企業も含まれるはずだ。では、具体的にどんな企業が就活生にとって、「人気企業」なのか?

東洋経済オンラインでは、就活中の学生を対象にした「就活ブランドランキング調査」(就職人気ランキング)を定期的に発表している。ランキングデータは、文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしたもので、調査対象者は同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録する就活生だ。

今年の結果は4月中旬に発表予定

ただ、今年の就活生が投票する最新の就職人気ランキングは、3月末まで調査を行うため、まだ結果は出ていない(結果は4月中旬に発表予定)。そこで過去3年の就職人気ランキングの結果を今回紹介したい。いってみれば「3つ上までの先輩たちが選んだ就職人気ランキング」だ。先輩たちがどんな企業に行きたいと評価しているのか? 大まかな傾向と併せて見ていきたい。

今回、上位100社までのみを紹介しているが、昨年の就職人気ランキングについては2016年4月26日の配信記事「最新!『就職人気ランキング』ベスト300社」に、300位までの企業を公表している。併せて参考にしていただきたい。

次ページランキングは「前半」と「後半」の年2回発表
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。