リクルートスーツの「制服化」が進んでいる

スーツは黒、ネクタイはストライプで画一化

AOKIがマイナビスチューデントと共同開発したスーツのコーディネートアイテム「究極の就活シリーズ」。スーツ以外もまとめて買いそろえることができる (撮影:大澤誠)

オフィス街でリクルートスーツを身にまとって就職活動をする学生が目立つようになってきた。今年は「リクルートスーツが売れるタイミングが前倒しになっている」(AOKI横浜港北総本店の丹治貴史副店長)という。大学3年生の夏休みや翌年3月以前の春休みに、インターンシップを開催する企業が増えていることが原因で、売れ行きは昨シーズンを上回るペースで進んでいるという。売り手市場で就活生の動きは鈍くなっているといわれているが、スーツに関しては「早期化」が進んでいるようだ。

"黒の中の黒"が選ばれる​​

リクルートスーツといえば黒系スーツ。黒系というより、「真っ黒いスーツ」という表現のほうが正確だ。「黒のスーツにもチャコールグレーやネイビー(紺)がかったタイプがあるが、真っ黒い生地のスーツを選ぶ就活生が圧倒的」と、丹治副店長は説明してくれた。

そうした同じモノを選ぶ傾向は黒スーツだけではなくなっている。他のアイテムについてもかなり定番化が進んでいる。

まずネクタイ。合同企業説明会など就活生が集まるイベント会場に行くと、ネイビーのストライプ柄が圧倒的に多く、次いでワインレッドのストライプ柄という順番である。そしてカバンはナイロン地で自立できるタイプのもの、靴もベーシックなストレートシューズ、というのがお決まりのスタイルだ。

次ページ女子学生の定番はベージュのコート
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT