リクルートスーツの「制服化」が進んでいる

スーツは黒、ネクタイはストライプで画一化

AOKIがマイナビスチューデントと共同開発したスーツのコーディネートアイテム「究極の就活シリーズ」。スーツ以外もまとめて買いそろえることができる (撮影:大澤誠)

オフィス街でリクルートスーツを身にまとって就職活動をする学生が目立つようになってきた。今年は「リクルートスーツが売れるタイミングが前倒しになっている」(AOKI横浜港北総本店の丹治貴史副店長)という。大学3年生の夏休みや翌年3月以前の春休みに、インターンシップを開催する企業が増えていることが原因で、売れ行きは昨シーズンを上回るペースで進んでいるという。売り手市場で就活生の動きは鈍くなっているといわれているが、スーツに関しては「早期化」が進んでいるようだ。

"黒の中の黒"が選ばれる​​

リクルートスーツといえば黒系スーツ。黒系というより、「真っ黒いスーツ」という表現のほうが正確だ。「黒のスーツにもチャコールグレーやネイビー(紺)がかったタイプがあるが、真っ黒い生地のスーツを選ぶ就活生が圧倒的」と、丹治副店長は説明してくれた。

そうした同じモノを選ぶ傾向は黒スーツだけではなくなっている。他のアイテムについてもかなり定番化が進んでいる。

まずネクタイ。合同企業説明会など就活生が集まるイベント会場に行くと、ネイビーのストライプ柄が圧倒的に多く、次いでワインレッドのストライプ柄という順番である。そしてカバンはナイロン地で自立できるタイプのもの、靴もベーシックなストレートシューズ、というのがお決まりのスタイルだ。

次ページ女子学生の定番はベージュのコート
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT