「5月面接・6月内定」と思っていると失敗する

本当の就活スケジュールは指針より早く動く

2月上旬に都内で開催された「みん就フォーラム<就活準備編>in東京」の会場の様子。いよいよ就活の本番が近づいてきた (撮影:風間仁一郎)

2018年卒の就職活動の本格スタートが近づいているが、「会社説明会」や「面接」「内定(内々定)出し」のスケジュールはどうなっているのだろうか。

会社説明会は3月にほぼ一斉スタート​

経団連が「採用に関する指針」で示している就活のスケジュールは、「3月採用広報開始、6月採用選考開始」だ。ここ数年、スケジュールがあわただしく変わってきたが、2018年卒は前年と同じなので、予想はしやすいかもしれない。HR総研が2016年11月に採用担当者に対して実施した調査から、企業側がどのようなスケジュールで活動していくのか、確認していこう。

3月になる前にも企業と学生が接触する手段はある。「サマーインターンシップ」「ウィンターインターンシップ」が活発に行われており、就活が正式に始まる前の段階での重要なイベントになっている。また若手社員を動員した、説明会や懇親会も開かれている。

次ページ説明会でも採用担当者がチェックする!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。