「5月面接・6月内定」と思っていると失敗する

本当の就活スケジュールは指針より早く動く

2月上旬に都内で開催された「みん就フォーラム<就活準備編>in東京」の会場の様子。いよいよ就活の本番が近づいてきた (撮影:風間仁一郎)

2018年卒の就職活動の本格スタートが近づいているが、「会社説明会」や「面接」「内定(内々定)出し」のスケジュールはどうなっているのだろうか。

会社説明会は3月にほぼ一斉スタート​

経団連が「採用に関する指針」で示している就活のスケジュールは、「3月採用広報開始、6月採用選考開始」だ。ここ数年、スケジュールがあわただしく変わってきたが、2018年卒は前年と同じなので、予想はしやすいかもしれない。HR総研が2016年11月に採用担当者に対して実施した調査から、企業側がどのようなスケジュールで活動していくのか、確認していこう。

3月になる前にも企業と学生が接触する手段はある。「サマーインターンシップ」「ウィンターインターンシップ」が活発に行われており、就活が正式に始まる前の段階での重要なイベントになっている。また若手社員を動員した、説明会や懇親会も開かれている。

次ページ説明会でも採用担当者がチェックする!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。