文房具メーカーは、知られざる優良企業だ

就活では自分に身近な企業こそ狙い目

小さい頃から誰もが使ってきた文房具。就職先として意識してみてはいかが(写真:daboost / PIXTA)

就職活動をする大学生なら、誰もが文房具を使っているだろう。しかし、文房具メーカーの名前を何社あげることができるだろうか。さらに、その会社の事業内容まで知っている就活生となると、ほとんどいないのではないか。

今回は就活生が企業を探すとき、身近でありながらアンテナに引っかからない、”灯台下暗し”ともいえる、「文房具」の優良企業を紹介したい。

実は三菱鉛筆は「三菱グループ」でない

三菱鉛筆の名前はほとんどの就活生が知っているだろう。小学校に入る前から鉛筆を使って、中学生、高校生になると、「uni」ブランドのシャープペンシルやボールペンで勉強したのではないか。よく知っている企業だと感じる就活生は多いだろうが、「三菱」と社名にあるが、三菱財閥系列でない独立系の会社であることまでは、あまり知られていないかもしれない。

矢野経済研究所の調べよると、日本の文具・事務用品市場は、2014年で4662億円。このうち、シャープペンは145億円、ボールペンは439億円だ。

三菱鉛筆は文房具のトップ企業として国内展開するのにとどまらず、海外にも進出しており、海外売上高比率は約50%。さらに筆記用具で培ってきた「書く」技術を生かしてメーキャップ用具の製造も手掛けている。
また、鉛筆の芯を作る炭素の技術を生かして、カーボン電極材やカーボンスプリングなどを生産している。2015年3月期の連結売上高は637億円、本業の収益力をあらわす営業利益は118億円という優良企業だ。

今回は、みんなが知っている三菱鉛筆だけでなく、普段から商品を使っているが、名前が知られていない優良企業を紹介したい。

ものを貼り付けたいときに使う透明の「セロテープ」。使ったことがない就活生はいないだろう。では、これを作っている会社の名前を言える人は、どれだけいるだろうか?

次ページセロテープも絆創膏も売るニチバン
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。