「有名企業への就職率が高い大学」ランキング

大手企業400社への実就職率1位は「一橋大」

2016年版「有名企業400社の実就職率ランキング」で1位となった一橋大学(写真:route134 / PIXTA)

企業の旺盛な採用意欲に支えられ、来春大学や大学院を卒業する2017年卒業生の就活状況も好調だ。しかし大学生の売り手市場がいくら続こうと、日本の企業の1%に満たない大企業へのハードルは高く、一般的な大学から多くの就職者を出すことは難しい。そうした状況は、2016年卒業生を対象にした「有名企業400社の実就職率ランキング」からも明らかだ。ランキング上位の大半は難関大で占められ、その顔ぶれは毎年ほとんど変わっていない。

企業側は難関大に積極的なアプローチ

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

「有名企業400社」は、日経225の採用銘柄をはじめ、会社規模や知名度、人気企業ランキングなどを参考に選定している。そうした企業への実就職率(就職者数÷<卒業生数-大学院進学者数>×100)が高い大学順にランキングにした。対象は大学通信が実施したアンケートへの回答大学568校(9月7日時点)のうち卒業生数が100人以上の大学となっている。

ランキングの1位は、昨年と同じ一橋大学で、2016年は前年を4.7ポイント上回る62.6%になった。商社や金融に強く、卒業生978人の内、5大商社(伊藤忠商事、住友商事、丸紅、三井物産、三菱商事)が54人で、3大メガバンク(みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行)に67人が就職している。両業種8社合計の就職者は、卒業生全体の約12%を占める。同大学のOBは「入学時から大手志向の強い学生が多い上、有名企業が一橋大生対象のセミナーを開くなど、関係性が強いことも要因」と話す。

伝統的に有名企業に強く、卒業生がリクルーターとして後輩を積極的に採用しようとする動きも顕著だ。企業の方から学生を迎え入れたいという姿勢が、有名企業への就職率が高い一因といえるだろう。

こうした動きは他の難関大でも見られる。近年は学生側にとって売り手市場の状況が続いており、有名企業でも、待ちの姿勢では本当に優秀な学生が集まらない。そのため企業側から積極的にアプローチをするケースが増えているようだ。「優秀な学生を確保するため、大学を指定したセミナーを、難関大を中心に開催する企業が増えている」(就活コンサルタント)。

次ページ2位は東京工業大学
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT