採用数が多い優良中堅非製造業トップ200社

人材派遣、ホテル、ドラッグストアがずらり

優良・中堅の非製造業で採用数の多い企業や、採用意欲の高い業種とは? (写真:sasaki106 / PIXTA)
 3月1日の「採用広報」解禁日を前にして、すでに大企業を中心とした多くの企業が2018年卒向けの採用ホームページをオープンさせている。就職活動をする学生は情報収集にはげむ時期だろう。

こういった情報発信に熱心なのは、東京をはじめとする大都市圏の有名企業ばかりで、中堅・中小企業や地方企業は、大企業に比べて選考開始が遅い傾向があるため、まだまだ昨年の情報のままで更新されていないケースも多い。地元での就職や、知られざる優良中堅・中小企業での就職を希望する学生の中には、なかなか情報が手に入らずに困惑している人もいるだろう。

中堅・中小や地方は情報開示がまだ少ない

東洋経済が2016年12月に刊行した『就職四季報 優良・中堅企業版2018年版』は、『就職四季報 総合版』の姉妹版として、有力な中小企業や全国各地の優良企業などを網羅し、5000社を超える企業情報を掲載している。企業の特色や近況はもちろん、採用窓口をはじめ、エントリーや選考時期についても掲載しているので、ぜひ参考にしていただきたい。

1月10日配信の「採用数多い『優良中堅メーカー』トップ200社」では、この『就職四季報 優良・中堅企業版2018年版』から、新卒採用数が多い企業をメーカー(製造業)に絞ってご紹介した。今回は非製造業で新卒採用数が多い上位200社を紹介していきたい。

次ページランキング対象は上場・非上場含め1848社
関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。