面接や説明会で採用者が嫌う、9つのNG質問

休みや残業ばかりの質問にはもうウンザリ

面接や説明会では積極的に質問するべきだが、内容によっては採用担当者が眉をひそめることもある (写真:maroke / PIXTA)

面接や会社説明会で企業側から学生に「何か質問はありますか」と問いかけることが多い。こうした投げかけは、企業が学生にする「質問」に対して、”逆質問”などと呼ばれる。就職活動をする学生と数多く接する企業人事からは「就活生にはどんどん質問してほしい」という声をよく聞く。質問があるということは、それだけ「当社に興味がある、入社意欲がある」と受け取るからだ。ところが最近、質問の内容によっては、かえってマイナス評価になるものが多々あるという。

では企業人事は、学生のどんな質問をNGと捉えるのだろうか。HR総研では採用担当者に対して各種調査を行っているが、「採用活動でマイナス評価となる質問」についても聞いている。その回答結果を内容別に分類し、コメント数が多い順にランキング形式でまとめた。カウントダウン方式で紹介していこう。

「逆質問集」の模範例が正解と限らない

9位 面接官個人への意図不明な質問​​​​

たとえば、面接官に対しての「入社した動機は何でしたか」という質問は「面接官の志望動機に左右される志望者という印象」(機械メーカーの人事担当者)を与えるし、「ご自分を動物にたとえると何ですか」といった質問は、「質問の意図が読めない」(メーカー)と受け取られる。ある食品関係の人事担当者は、「辞めようと思ったことはありますか」という質問を受け、閉口したという。

調べてみると、これらの質問は、“面接官への逆質問集”などに掲載されているようだ。もちろん、話の流れからこのような質問をすることもあるかもしれないが、逆質問集にあったからと唐突に質問すると逆効果だ。自分が本当に聞きたいことかどうか、よく考えて質問しよう。

次ページすでに話した内容を聞くのはNG
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT