書類選考で「不採用」通知が来たらどうするか

面談で20回呼ばれてダメだった例もある

空前の売り手市場とはいえ、連休明けに焦りを感じるかもしれない(写真:anzphoto_Inc, / PIXTA)

3月1日の就職活動解禁から2カ月が経ち、就活生のみなさんは、面談真っただ中の方も多いことでしょう。こんなタイミングだからこそ、GW明けに”第1次焦燥期”が訪れる場合もあることを、就活生のみなさんには知っておいてほしいと思います。

グループ面談、座談会、ディスカッション

今年の就活の特徴は、6月の選考スタートを前に、相互理解を目的として、学生との「直接接触」の機会を増やす企業が目立つことです。その形態は、グループ面談、座談会、グループディスカッションなど、さまざまです。

私が長らく新卒の就職・採用に携わった経験の中で実感しているのは、こうした”面接以外の接点”が、2年ほど前に比べて回数やバリエーションが増え、しかも、より前倒しで行われるようになっているということです。

その背景には企業サイドの思いがあります。1つは、より優秀な学生を早く見つけて、接点を持ちたいという思い。次に、入社後にミスマッチにならないよう、内定前からしっかりと相互理解を深めておきたいという思い。最後に、各社とも採用意欲が高いので、自社の採用計画人員を充足させるために一人でも多くの学生に自社に興味を持ってもらいたいという思い、です。

メーカーが工場見学を開催したり、金融系ではリクルーターによる接触を増やしたり、IT系やサービス系の企業でも、より多くの学生との直接接点を求めて積極的に面談などを行っています。

この動きを、学生のみなさんは、どうとらえたらいいのでしょうか。私は、少人数で話が聞ける場や配属の現場社員と直接話せる機会は、ぜひ参加したほうがいいと思っています。

次ページ行ってみて初めてわかること
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT