採用者の印象を悪くする、6つの「NG」態度

居眠り、スマホいじり、過剰アピールはアウト

面接の外でも採用担当者は学生をチェックしており、常識のない態度を見せるとそれだけで悪印象となる (写真: MN4 / PIXTA)

3月1日に会社説明会が解禁となり、就職ナビや企業の採用ホームページから、プレエントリーできるようになった。説明会を皮切りに、試験や面接など採用プロセスが進んでいくが、企業の採用担当者が就職活動をする学生を評価するのは、面接時だけではない。説明会や面接の待ち時間など、さまざまな機会に学生を観察している。採用担当者は就活生のどんな態度に「悪い印象」を抱くのだろうか?

昨年、実際に目撃されたエピソード​​​​

HR総研では、人事担当者への採用動向などのアンケートを実施する際、「これまでの採用活動で悪い意味で印象に残っている学生がいたら、そのエピソードを教えてください」という質問をしている。その回答を基に、いくつかのタイプごとに分類した、「悪い印象」の具体例を2回に分けて紹介していきたい。今回はその前編で、100%アウトな「社会常識がない」ために、悪い印象を与える事例。昨年の就活で採用担当者が実際に目撃した学生の例だ。ぜひ参考にしてもらいたい。

1.説明会で居眠り系

かなり目立つのが説明会で居眠りをする学生だ。

次ページ最前列で居眠り
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT