最新!「面倒見がよい大学」ランキング100

トップは金沢工業大、2位が東北大、3位武蔵大

石川県・金沢の高橋川越しに見る金沢工業大学。12年連続で「面倒見のよい大学」1位となった(写真:津幡のTAKA / PIXTA)

今年の入試は私立大の出願が好調だ。大学通信の集計では、主要100大学について志願者数を調べてみたところ、現段階で昨年と比べておよそ9%も増えている。

今年の入試戦線は軒並み志願者増

志願者増の大きな理由は三つ考えられる。

ひとつは18歳人口の増加だ。実は今年は18歳人口が1万人ぐらい増えて約120万人になると見られる。受験生もそれに比例して増えている。2番目に、学部人気で文系の人気が高く、理系の人気が低い“文高理低”になっていること。大手私立大は文系学部の定員が大きく、文系人気だと志願者が増える。ここ2年間、大学の文系卒業生の就職状況がよく、文系学部の人気が上がっている。今年はとりわけ、経済・経営や社会学部の人気が高い。

3番目としては大手私立大の定員の厳格化が考えられる。大都市圏の大手大学が学生を取り過ぎているとの批判があり、そうした大学の入学者を定員に近づけさせ、地方の大学に学生が集まるようにするのが狙いだ。地方創生の一環として行われている政策で、大規模大学の場合、2015年までは定員の1.2倍を超すと、文部科学省から私学助成金がもらえなかったが、昨年からそのボーダーラインを段階的に引き下げており、今年は1.14倍、来年には1.1倍を超えると、助成金がもらえなくなる。

次ページ定員厳格化で起こったこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT