売り手市場でも学生の6割が不安に思う中身

面接、エントリーシート、ほかに苦手なのは?

千葉・幕張メッセで3月に開催された、リクナビ「就活開幕LIVE」の様子。不安な表情で会場を訪れる就活生も少なくなかった (撮影:尾形文繁)

春になって、リクルートスーツ姿の学生を見かけることが多くなった。まだそのスタイルに慣れていないようだが、誰もが若く生気にあふれているように見える。

しかし、不安を抱いている学生が圧倒的に多く、就職活動に自信を持つ学生は少数だ。その背景は何なのか、探ってみた。

3月時点で6割の就活生が不安​​​​

HR総研では、楽天「みんなの就職活動日記」の会員を対象にしたアンケート調査を3月に実施し、約1000人からの回答を得た。その中の設問、「就職活動についてどう思うか」に対し、「楽観している」は7.0%、「やや楽観している」は21.9%、という結果になった。両方を合わせても3割に満たない。ところが、「やや不安である」は29.8%、「とても不安である」は28.2%で、不安を抱く学生はほぼ6割にも達している。

文系、理系別で見ても、不安を抱く学生比率は、あまり変わらない。文系でも理系でも「やや不安である」と「とても不安である」の合計はそれぞれ6割だ。また、就活では大学のカテゴリーで論じられる、「旧帝大クラス」「早慶クラス」「上位国公立大」「上位私立大」といった大学別でクラス分けしても、「楽観」と「不安」の比率に大きな変化はない。

次ページ学生有利の売り手市場なのに
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT