売り手市場でも学生の6割が不安に思う中身

面接、エントリーシート、ほかに苦手なのは?

千葉・幕張メッセで3月に開催された、リクナビ「就活開幕LIVE」の様子。不安な表情で会場を訪れる就活生も少なくなかった (撮影:尾形文繁)

春になって、リクルートスーツ姿の学生を見かけることが多くなった。まだそのスタイルに慣れていないようだが、誰もが若く生気にあふれているように見える。

しかし、不安を抱いている学生が圧倒的に多く、就職活動に自信を持つ学生は少数だ。その背景は何なのか、探ってみた。

3月時点で6割の就活生が不安​​​​

HR総研では、楽天「みんなの就職活動日記」の会員を対象にしたアンケート調査を3月に実施し、約1000人からの回答を得た。その中の設問、「就職活動についてどう思うか」に対し、「楽観している」は7.0%、「やや楽観している」は21.9%、という結果になった。両方を合わせても3割に満たない。ところが、「やや不安である」は29.8%、「とても不安である」は28.2%で、不安を抱く学生はほぼ6割にも達している。

文系、理系別で見ても、不安を抱く学生比率は、あまり変わらない。文系でも理系でも「やや不安である」と「とても不安である」の合計はそれぞれ6割だ。また、就活では大学のカテゴリーで論じられる、「旧帝大クラス」「早慶クラス」「上位国公立大」「上位私立大」といった大学別でクラス分けしても、「楽観」と「不安」の比率に大きな変化はない。

次ページ学生有利の売り手市場なのに
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT