「てるみくらぶ」倒産から学ぶ企業の選び方

就活で内定取り消しの悲劇に遭わないために

たとえ採用されても、内定が取り消されるケースもある(破産手続き開始を発表する「てるみくらぶ」の山田千賀子社長、写真:共同)

格安ツアーの旅行会社「てるみくらぶ」の破産は、各方面に大きな被害を与えた。負債総額151億円と、リーマンショック後の旅行業界では最大だ。そのうち約100億円が一般旅行者約3万6000人のものだった。旅行に行けなくなった人がいるのはもちろん、現地でホテルがキャンセルとなったり、帰国できなくなったりした人もいる。

何より、就職活動をする学生にとって衝撃だったのは、約50人の学生の内定が入社5日前に取り消されたということだろう。自分はこんな目に遭いたくない、との思いを強くしたはずだ。

危ない会社を見分けるポイント

そこで今回は危ない会社を見分けるポイントについて解説する。会社HPや就職サイトの美辞麗句に惑わされることなく、データから冷静に判断しよう。

危ない企業を見分けるためにやるべきことの1つめは「売上高」のチェックだ。決算書類は分量が膨大で読むのが大変だが、『会社四季報』や『就職四季報』はコンパクトにまとまっている。特に会社四季報は、過去の実績に加えて、今後の業績予想も載っている。

売上高の推移を見ると、増減はあっても、トレンドとして増加している企業がよい企業。売上高の増加は企業の成長を意味する。

2つめに「営業利益」を見よう。利益にも、営業利益、経常利益、純利益といろいろあるが、営業利益が最も重要だ。営業利益とは本業によって儲けた利益。自動車会社なら自動車を売って得た利益、衣料品会社ならば衣料品を売って得た利益ということである。

次ページ自己資本比率を同業と比べてみる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT