企業と学生、就活のミスマッチはどこなのか

コミュ力やチーム力をカン違いする学生たち

企業が考えるコミュニケーション能力は、学生の抱くイメージとは異なっている (写真:kikuo / PIXTA)

企業が求める能力と学生のイメージする能力には、ミスマッチがある――。

3月1日の採用広報解禁から早くも1カ月が過ぎた。経団連が指針とする「選考は6月から」を待たずに、面接選考を始めている企業が増えてきている。そこで今回は、学生が就職活動でアピールできると考えている能力と、企業が学生に求めている能力との違いを見ていきたい。

大学で通用する"コミュ力"ではない

まず、企業が学生に求める能力を見ると、トップは「コミュニケーション能力(コミュ力)」で、約8割もの企業が重視すると回答している。2位とは30ポイント以上もの差があり、企業規模や業種による偏りはない。

コミュニケーション能力は、社会人として最も基本的な能力とも言えるが、これが意外と難しい。学生の面接をしていると、「私は初対面の人ともすぐに打ち解け合うことができ、コミュニケーション能力には自信があります」とアピール学生に必ず出くわす。だが、ビジネス現場で求められるコミュニケーション能力を、そもそも誤解している。

学生の言う「初対面の人」は、同年代という人が多く、「打ち解け合う」にしても、会話を弾ませることができるという趣旨で使っている。それは表面的な会話力に過ぎない。しかし、ビジネスの現場でのコミュニケーション能力は、多岐にわたる。

次ページ社会人でも完璧にできているわけではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT