内定を出したくなる「好印象」な就活生とは?

第一関門は見た目、でも採用の決定打は中身

さわやかさや身だしなみなど、見た目の第一印象は就活にも大きく影響する (マハロ / PIXTA)

就職活動で採用担当者に「よい印象」を与えることができれば、名前や顔を覚えてもらい、高い評価を獲得することができるだろう。そして、内定への道をグッと引き寄せることができる。では、採用担当者が抱くよい印象というのは、どのようなものだろうか。

「見た目」が印象の過半を決める​​​​

HR総研では、3月7日配信記事の「『勘違い就活』は人事の印象を悪くするだけだ」に記載の通り、悪い印象を与えるエピソードを採用担当者にたずねている。同時にこれまでの採用活動から、「よい意味で印象に残っている学生がいたら、そのエピソードを教えてください」とのアンケートを行い、企業人事から回答を得ている。

説明会や面接での出会いはとても短い。短い時間で人事によい印象を持ってもらうことは、好かれることと言い換えてもいいだろう。

信頼は時間をかけて作られるが、好き嫌いは最初に会ったときの第一印象で決まるといわれている。その決まり方について「メラビアンの法則」というものがある。それは、第一印象の判断でもっとも重要なのは「外見」(visual)で、その割合は55%。次に「話し方」(vocal)が38%、「内容」(verbal)は7%に過ぎないという。

次ページさわやか笑顔は評価高い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT