内定を出したくなる「好印象」な就活生とは?

第一関門は見た目、でも採用の決定打は中身

さわやかさや身だしなみなど、見た目の第一印象は就活にも大きく影響する (マハロ / PIXTA)

就職活動で採用担当者に「よい印象」を与えることができれば、名前や顔を覚えてもらい、高い評価を獲得することができるだろう。そして、内定への道をグッと引き寄せることができる。では、採用担当者が抱くよい印象というのは、どのようなものだろうか。

「見た目」が印象の過半を決める​​​​

HR総研では、3月7日配信記事の「『勘違い就活』は人事の印象を悪くするだけだ」に記載の通り、悪い印象を与えるエピソードを採用担当者にたずねている。同時にこれまでの採用活動から、「よい意味で印象に残っている学生がいたら、そのエピソードを教えてください」とのアンケートを行い、企業人事から回答を得ている。

説明会や面接での出会いはとても短い。短い時間で人事によい印象を持ってもらうことは、好かれることと言い換えてもいいだろう。

信頼は時間をかけて作られるが、好き嫌いは最初に会ったときの第一印象で決まるといわれている。その決まり方について「メラビアンの法則」というものがある。それは、第一印象の判断でもっとも重要なのは「外見」(visual)で、その割合は55%。次に「話し方」(vocal)が38%、「内容」(verbal)は7%に過ぎないという。

次ページさわやか笑顔は評価高い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 小幡績の視点
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。