残業や有休を積極開示する企業に就職しよう

就活だから「ホワイト情報」がどんどん出る

3月1日に千葉の幕張メッセで開催されたリクナビの合同企業説明会の様子。福利厚生を積極的にアピールする企業もあった (撮影:尾形文繁)

今年の就職活動の大きなテーマとなっているのが「働き方改革」だ。政府が長時間労働の是正などを提唱したことや、昨年発覚した電通の過労死事件を契機に、働き方改革は就活市場でも大きな関心事になっている。売り手市場が続いていることに加え、学生も労働環境が厳しいブラック企業には就職したくない、という心理も働く。

開示しないと学生から不信の目で見られる​​​​

「学生がワークライフバランスやキャリアステップなどを重視してきており、質問も堂々とできるようになってきた」と、「みんなの就職活動日記」を運営する、楽天の福地茂樹・みんなの就職事業課ヴァイスシニアマネージャーはそう指摘する。

一方の企業側も、離職率や残業時間など昨年まで開示することを避けていた情報を、積極的に開示するようになった。合同企業説明会などの就活イベントを訪れると、自ら進んで自社の労働環境・職場状況をアピールする企業が目立つ。採用コンサルタントの谷出正直氏は「いつもは隠していた情報だが、隠すと逆に何かあるのではないかと、学生から不信の目で見られてしまう。積極的に開示することで、結果的に誠実な企業という印象を学生に残すことができる」と分析する。

次ページ就職ナビの業界団体が積極開示促進
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。