就活生必見!これが「採用テスト」最新動向だ

テスト別の問題例から予約、PC環境まで

採用テストは自宅で行うWEBテストなど、多様な形態が増えている。試験対策はどのようにすればよいのか (写真:kou / PIXTA)

筆記試験のよしあしは、どれくらい採用に影響するのか――。

新卒者が対象の採用選考では、ほとんどの企業で筆記試験が実施される。現在の筆記試験の主流は、テスト会社が作成・販売する「採用テスト」になっている。

SPI以外にも採用テストは数多い

有名な「SPI」もその1つだ。採用テスト=SPIと考える就活生が毎年のようにいるが、実は採用テストには、SPI以外にもさまざまな種類がある。ここでは、代表的な採用テストと対策、受検時の留意点を紹介していきたい。

採用テストの多くは、国語や数学などの基礎能力を問うテストと、職務適性や意欲などを見る性格テストの組み合わせで実施される。まずは、新卒採用で企業側が使っている、人気の高い採用テストを紹介していこう。

1.SPI

日本で一番使われている採用テストで、リクルートが提供。業界・職種を問わず人気のテストだ。元々はペーパーだけだったが、現在はパソコンを使って自宅受検する「Webテスティング」、専用会場のパソコンで受ける「テストセンター」が主流だ。

次ページ玉手箱やSCOAもある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT