就活生必見!これが「採用テスト」最新動向だ

テスト別の問題例から予約、PC環境まで

採用テストは自宅で行うWEBテストなど、多様な形態が増えている。試験対策はどのようにすればよいのか (写真:kou / PIXTA)

筆記試験のよしあしは、どれくらい採用に影響するのか――。

新卒者が対象の採用選考では、ほとんどの企業で筆記試験が実施される。現在の筆記試験の主流は、テスト会社が作成・販売する「採用テスト」になっている。

SPI以外にも採用テストは数多い

有名な「SPI」もその1つだ。採用テスト=SPIと考える就活生が毎年のようにいるが、実は採用テストには、SPI以外にもさまざまな種類がある。ここでは、代表的な採用テストと対策、受検時の留意点を紹介していきたい。

採用テストの多くは、国語や数学などの基礎能力を問うテストと、職務適性や意欲などを見る性格テストの組み合わせで実施される。まずは、新卒採用で企業側が使っている、人気の高い採用テストを紹介していこう。

1.SPI

日本で一番使われている採用テストで、リクルートが提供。業界・職種を問わず人気のテストだ。元々はペーパーだけだったが、現在はパソコンを使って自宅受検する「Webテスティング」、専用会場のパソコンで受ける「テストセンター」が主流だ。

次ページ玉手箱やSCOAもある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。