「てるみくらぶ」倒産から学ぶ企業の選び方

就活で内定取り消しの悲劇に遭わないために

上場企業でなければ、HPで業績や財務内容を開示していない場合がある。そうしたときには、民間の調査機関である、帝国データバンクや東京商工リサーチなどを利用してもいい。

その中には、さまざまな情報が掲載されているが、企業の総合評価である「評点」が重要だ。帝国データバンクも東京商工リサーチも、100点満点で点数を表示している。

帝国データバンクでは「景気の動向にも左右されるが、40点台の企業が最も多い」とのこと。40点を割る企業は避けたほうがよい。50点未満の企業には、D1~D4の評点が付けられていることもある。「D3」や「D4」の企業には気をつけたい。

一方、東京商工リサーチでは、30~49点が「一応警戒」、29点以下が「警戒」を意味する。50点未満は数字の代わりに、アルファベットが掲載されていることもある。

帝国データバンクや東京商工リサーチのデータは、会員になっていないと見ることができない。しかも法人しか契約できないので、就活生が個人会員になることはできない。だが、大学が会員契約していれば、図書館やキャリアセンターで閲覧できる。自分の大学に問い合わせてみよう。

大学が日経テレコンなどのビジネスデータサービスと契約していることもある。こうしたビジネスデータサービスを経由して、無料で帝国データバンクや東京商工リサーチにアクセスできることもある。

ブラック企業の見分け方とは?

それでは最後に、てるみくらぶのデータを基に、危ない企業の見分け方ではなく、ブラック企業の見分け方について解説する。注意してほしいのは「総従業員数」と「採用人数」のバランスだ。

てるみくらぶは、総従業員数80人に対して、入社予定数が50人もいた。従業員数の6割超の人数とはあまりにも多すぎる。早期退職を見越して大量採用していたとしか思えない。

国内ではメガバンクの採用数が多いが、総従業員数との比率で見れば、多すぎるということもない。たとえば、三井住友銀行は2017年4月に約1300人が入社したが、2016年3月期末の総従業員数は約2万8000人。新入社員数は総従業員数の5%にも満たない。

成長企業であれば、採用人数が多くなる傾向があるが、総従業員数の1割を超える場合は注意しよう。できるだけ多く採用し、短期間のうちに辞めさせてしまおうというケースも、まったくないとはいえない。

いずれにしても、学生一人ひとりにとっては、貴重な就活だ。企業を見抜く目を養っていて損はない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT