最新版「新卒を多く採用する会社」トップ200

1位みずほ、3位が大和ハウス、4位は三菱電機

2018年の各社の採用数を集計。実はメガバンクなど金融機関が採用数を絞る動きが出ている (撮影:今井康一)

就職情報会社が公表する内定率などが示すように、来年4月に入社する、2018年卒生の就職活動は空前の売り手市場だったと言える。

売り手市場の中、企業の採用数に変化も

「就職四季報」特設サイトはこちら

就活生以上に企業が人数確保に奮闘する姿のほうが目立った1年だった。近年は人手不足や業績好調を背景に、新卒採用に意欲的な企業は確かに多い。一方で、採用を減らす、あるいは採用そのものを見送る企業も、中には存在する。ではどういった企業が新卒を多く採用しているのだろうか。

東洋経済が2017年11月23日に発売した、『就職四季報2019年版』(「総合版」に加え「女子版」「優良・中堅企業版」がラインナップ)から、新卒採用が多い企業を調査・集計し、上位200社を今回ランキングした。対象は「総合版」掲載の1293社のうち、「修士・大卒採用数」(2018年4月)に有効回答があった1253社だ。なお、2017年8月に調査を実施しているため、その時点での内々定者数、予定・計画数の場合がある。また表には前年調査データ(「修士・大卒採用数」(2017年4月)・2016年8月実施)も付した。

次ページ1位は昨年に引き続きみずほFG
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。