最新版「新卒を多く採用する会社」トップ200

1位みずほ、3位が大和ハウス、4位は三菱電機

2018年の各社の採用数を集計。実はメガバンクなど金融機関が採用数を絞る動きが出ている (撮影:今井康一)

就職情報会社が公表する内定率などが示すように、来年4月に入社する、2018年卒生の就職活動は空前の売り手市場だったと言える。

売り手市場の中、企業の採用数に変化も

「就職四季報」特設サイトはこちら

就活生以上に企業が人数確保に奮闘する姿のほうが目立った1年だった。近年は人手不足や業績好調を背景に、新卒採用に意欲的な企業は確かに多い。一方で、採用を減らす、あるいは採用そのものを見送る企業も、中には存在する。ではどういった企業が新卒を多く採用しているのだろうか。

東洋経済が2017年11月23日に発売した、『就職四季報2019年版』(「総合版」に加え「女子版」「優良・中堅企業版」がラインナップ)から、新卒採用が多い企業を調査・集計し、上位200社を今回ランキングした。対象は「総合版」掲載の1293社のうち、「修士・大卒採用数」(2018年4月)に有効回答があった1253社だ。なお、2017年8月に調査を実施しているため、その時点での内々定者数、予定・計画数の場合がある。また表には前年調査データ(「修士・大卒採用数」(2017年4月)・2016年8月実施)も付した。

次ページ1位は昨年に引き続きみずほFG
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT