就活で多くの学生が陥る、「5つのカン違い」

体育会、すごいエピソード…なくても大丈夫!

「体育会系だから就活に有利」とは限りません。よくある就活生の誤解を紹介していきます (撮影:梅谷秀司)

初めて経験する就職活動は、何かとわからないことだらけ。それだけに、どこからともなく伝わってくる、まことしやかな話や、都市伝説に惑わされてしまうこともあります。今回は、長年、就活生と接している経験から、多くの学生がカン違いしている、“就活の誤解”について紹介していきます。

インターンシップ落選の悪影響はない

誤解1 インターンシップの選考に落ちると、本番で不利

全国各地のさまざまな大学の就職ガイダンスでお話しする機会がありますが、自分の職業適性を確認するためにも、インターンシップには積極的に参加した方がいい、とお伝えしています。

「就職四季報」特設サイトはこちら

しかし、人気企業のインターンシップは多くのエントリーが集まるため、エントリーシート(ES)や面接などの選考を設けるケースがあります。そう聞くとついつい応募に尻込みする人が少なくないようです。「インターンシップに応募して選考にもれたら、本番に悪影響が及ぶのでは?」と不安に感じるのでしょう。

が、そんな心配は不要です。どの企業も「できるだけ多くの学生に参加してもらいたい」と考えています。ただ実際問題、受け入れ体制や施設のキャパシティなどを考えると、参加できる人数には限りがあり、仕方なく選考せざるを得ないのです。そのため、選考に漏れることを恐れてインターンシップに申し込まないのは、非常にもったいない。学業、アルバイトとのスケジュール調整がつけば、さまざまな企業のインターンシップに積極的にチャレンジしてください。

次ページ体育会系に所属してないと就活に不利?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT