最新版!「残業時間が少ない会社」トップ100

1位バイタルKSKの残業時間は、なんと「ゼロ」

残業が少ない会社はノー残業デーの制定、在宅勤務制度などの施策を積極的に行なっています (写真:saki / PIXTA)

働きやすい、労働条件がいい会社はないか――。

11月20日に発売した『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2018年版には、雇用関連の情報が豊富に掲載されている。就職活動中のみなさんにも役立つ情報が満載だ。

条件のいい会社を見つけるには、ランキング形式で抽出する方法が適切だろう。この本の掲載データを使った就活に役立つランキングの連載も3年目を迎えた。今回、刊行したばかりの2018年版を使って、「月平均残業時間」を取り上げる。掲載1413社のうち、月平均残業時間を開示した756社が対象。中でも残業時間が少ない会社を100社を紹介する。

1位はバイタルケーエスケーHD

『CSR企業総覧2018年版[雇用・人材活用編]』(東洋経済新報社)。書影をクリックすると販売サイトにジャンプします

ランキング1位は月残業時間ゼロの医療用医薬品卸、バイタルケーエスケー・ホールディングス(HD)だ。具体的な残業削減の取り組みなどの開示はなかったが、年間総労働時間は1844.5時間と少ない。ちなみにこの労働時間を1カ月あたりで計算すると153.7時間。勤務日数が20日とすれば、1日当たり7.69時間となる。もともと残業がない職場なので、残業削減の取り組みは不要なのかもしれない。

2位はゼラチン、コラーゲン、化粧品などが主力のニッピで、残業1.0時間である。毎週木曜日をノー残業デーとするなど残業削減の取り組みを実施している。同社も年間総労働時間は1864.6時間で、バイタルケーエスケーと同水準。育児・介護向けの短時間勤務制度などの各種制度も充実している。

次ページノー残業デーで残業削減
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT