最新版!「残業時間が少ない会社」トップ100

1位バイタルKSKの残業時間は、なんと「ゼロ」

残業が少ない会社はノー残業デーの制定、在宅勤務制度などの施策を積極的に行なっています (写真:saki / PIXTA)

働きやすい、労働条件がいい会社はないか――。

11月20日に発売した『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2018年版には、雇用関連の情報が豊富に掲載されている。就職活動中のみなさんにも役立つ情報が満載だ。

条件のいい会社を見つけるには、ランキング形式で抽出する方法が適切だろう。この本の掲載データを使った就活に役立つランキングの連載も3年目を迎えた。今回、刊行したばかりの2018年版を使って、「月平均残業時間」を取り上げる。掲載1413社のうち、月平均残業時間を開示した756社が対象。中でも残業時間が少ない会社を100社を紹介する。

1位はバイタルケーエスケーHD

『CSR企業総覧2018年版[雇用・人材活用編]』(東洋経済新報社)。書影をクリックすると販売サイトにジャンプします

ランキング1位は月残業時間ゼロの医療用医薬品卸、バイタルケーエスケー・ホールディングス(HD)だ。具体的な残業削減の取り組みなどの開示はなかったが、年間総労働時間は1844.5時間と少ない。ちなみにこの労働時間を1カ月あたりで計算すると153.7時間。勤務日数が20日とすれば、1日当たり7.69時間となる。もともと残業がない職場なので、残業削減の取り組みは不要なのかもしれない。

2位はゼラチン、コラーゲン、化粧品などが主力のニッピで、残業1.0時間である。毎週木曜日をノー残業デーとするなど残業削減の取り組みを実施している。同社も年間総労働時間は1864.6時間で、バイタルケーエスケーと同水準。育児・介護向けの短時間勤務制度などの各種制度も充実している。

次ページノー残業デーで残業削減
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。