来年の就活、企業は「ここ」を変えてくる

インターン直結が鮮明、3月前倒しは当たり前

企業の採用戦略の中でインターンシップの重要度が増しています (撮影:梅谷秀司)

もうすぐ2017年が暮れて新しい年を迎える。2018年に入ると、大学3年生や大学院1年生(2019年卒生)にとっては、就職活動の本番に突入することになる。

そこで採用スケジュールがどのようになっているのか、企業アンケートの分析から紹介していきたい。調査は、HR総研が2017年6月に行った上場企業・未上場企業の採用担当者に対するWebアンケート(有効回答178社)をベースに、経年比較を含めて確認した。

結論から言うと、注目すべき変化は2つある。まず1つは、インターンシップが採用のマストイベントになりつつあること。もう1つの変化は、選考開始が早期化していることだ。ただし、それらと異なる戦略で、採用に臨む企業もある。

6割超の企業がインターンシップを実施

「就職四季報」特設サイトはこちら

2010年代に入ってからの採用施策で、最も重視されてきたのは、「大学との関係強化」だった。その背景には、就職ナビに過度に依存してきた、2000年代の採用施策への反省があった。しかし、2019年卒採用では、「インターンシップ」を重視する姿勢が鮮明になっている。

企業には「採用でより重要になると思われる施策」について尋ねているが、過去3年分のデータを見るとその動きがよくわかる。2017年卒、2018年卒では、企業が最も重視していたのは「学内企業セミナー」で、次に重きを置いたのは「キャリアセンターとの関係強化」だった。

しかし、この2019年卒から、潮目が変わった。最も重視する施策が「インターンシップ」(48%)になったのだ。インターンシップへの関心は年々増加してきたが、ついに「学内企業セミナー」を逆転した。とはいっても、大学との関係強化を重視する割合も多く、インターンシップと大学との関係強化は採用施策の両輪と言ってもいいだろう。

インターンシップだが、年々、実施する企業が増えている。HR総研の調査では、実施企業は2017年卒の48%から2018年卒が50%になり、2019年卒では63%と急増している。

次ページ1Dayが増えている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT