「学歴フィルター」で振るい落とす採用事情

「自分は選ばれた」と上位校生徒の半数が実感

学歴次第で、セミナーや説明会、インターンシップの案内を優遇する企業は相当数あります (写真:Nutria / PIXTA)

就職活動は学生に多くの負担をかける。自己分析や企業研究、SPI・エントリーシート(ES)、面接対策と、学生がやることは多い。その努力が報われ、早期に内定を得る学生もいるが、うまくいかない学生もいる。

今の就活は、3年生時のサマーインターンシップから実質的に始まっている。経団連の「採用選考に関わる指針」では、翌年3月から採用広報が解禁されて各社のホームページがオープン、説明会が開かれ、選考は4年生の6月からということになっている。しかし、実際の動きはもっと早く、3月以前に、”実質内定”を出している企業も多い。だから就活は早く始めたほうがいい。

「学歴フィルター」で大量応募を処理

ところが、インターンシップや説明会に応募しても、参加できない学生がいる。その理由として考えられるのが「学歴フィルター」だ。

学歴フィルターとは、文字通り、学校名で選考対象を絞っていくもの。特定の大学の学生には、インターンシップやセミナーの案内を送る一方で、それ以外の大学には情報を送ることはない。企業の中には、学生を選考する際にも学歴でフィルターをかけており、その対象でない大学に在籍する学生が選考に入れることはない。これが学歴フィルターだ。

学歴フィルターを行う理由はいくつかある。

まず応募者の数である。人気の高い大企業の場合、万単位の学生がエントリーする。その一方で、対応する人事の数は限られている。そこで、何らかのフィルターをかけて学生数を絞り、まともに選考できる数にする必要がある。いちばんわかりやすいフィルターが「学歴」というわけだ。

次ページ学生の55%が「学歴フィルター」はある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT