学生が選ぶ「社員が好印象な会社」ランキング

文系1位は三井住友銀、理系はトヨタと日立

文系学生が選んだ「社員の印象がよい企業」の1位は三井住友銀行だった (撮影:尾形文繁)

今年も新卒市場は売り手市場と言われている。企業が求める人数よりも学生数が少ないので、売り手の学生が優位に立ち、買い手の企業は劣勢というわけだ。この市場動向を測るモノサシのひとつが「大卒求人倍率調査」で、求人総数を就職を希望する就活生数で割って算出する。

リクルートワークス研究所が例年4月に発表しており、2018年卒の倍率は1.78だった。5年前の2013年卒の倍率は1.27。就職を希望する学生数はあまり変化がないので、この5年間で日本企業の求人意欲が急上昇していることがわかる。来年も今年と同様、売り手市場は続くだろう。企業は学生に選んでもらうための工夫が必要だ。

学生は「社員の印象」で企業を選んでいる

では学生が企業を志望する動機は何だろうか? 人事が「動機」として想像している内容は、採用ホームページに盛り込まれている。ざっと上げてみると、仕事内容、事業内容、勤務地、給与・福利厚生、残業時間、会社の特徴・特色、会社の雰囲気、会社の知名度、経営方針、教育制度、離職率、働きやすさ、採用人数、業績などがある。

だが、人事が懸命に発信している情報を、学生がきちんと理解しているかというと、疑問だ。財務データをきちんと読んで理解している学生はまれだし、残業時間や離職率などの”ブラック指標”はあまり信用されていない。多くの学生はイメージ先行で企業を見ているのだ。

そしてその決め手となっているのが「社員の印象」だ。HR総研が過去に行った調査では、「入社志望度に社員の印象が影響する」のは文系8割強、理系8割弱だった。

次ページ文系は三井住友銀行がダントツ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT