「学歴フィルター」で振るい落とす採用事情

「自分は選ばれた」と上位校生徒の半数が実感

それとは反対に、冷遇されていることに気付く学生もいる。「マイページから説明会の予約が全く取れないが、他の大学の子は取れると言っていたとき」(同志社大学、文系)、「説明会への予約が常に満席の状態で表示されている」(九州工業大学、理系)など、自分だけなぜ満席? という疑問から、「学歴フィルターなのでは」と気付いたケースである。

「メールが届いてすぐに採用ページにログインしたのにセミナーが満席だったこと」(東京女子大学、文系)、「友人と同時刻に説明会予約をしようとしたが、わたしの画面ではすでに満席になっていた」(聖心女子大学、文系)といった女子大生からの声もあった。

優遇されている学生、冷遇されている学生のいずれを見ても、応募者が殺到している人気企業での出来事のようだ。学生が一部の企業に集中するからこそ、学歴フィルターが生まれるとも言える。

企業側のデータも紹介しておこう。HR総研では2017年3月に企業向けの調査を行った。学生向け調査には学歴フィルターという言葉を使うが、企業向けでは「ターゲット大学」という言葉で質問している。ターゲット大学を設定しているのは全体の39%の企業だ。

「学歴フィルター」の学生調査では、旧帝大・早慶クラスで「ある」という回答が多かったが、企業調査の「ターゲットとする大学グループ」では旧帝大・早慶クラスは2割台と少なく、もっとも多いのはGMARCH(学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政)・関関同立(関西・関西学院・同志社・立命館)クラス。学生のレベルが安定しているので、評価されているようだ。

キャリアセンターや「就職四季報」で調べる

ターゲット大学を設定している企業の採用施策だが、ターゲット大学に採用を限定している企業は実際には少なく、約2割。企業規模で「1001人以上」に限れば約3割である。

ターゲット大学を設定していても、「すべての学生を通常の選考ルートに上げている」という企業が多く、全体の7割強に達している。平たく言えば、ターゲット大学を設定していても、「その大学以外はダメ」という企業は約2割、「その大学がほしいけれど、それ以外の大学でも公平に扱っている」という企業が7割強、ということになる。

裏返せば、この約2割の企業を志望から外せば、就活でいやな思いをすることは少なくなるはずだ。では、その約2割の企業を、どうやって調べられるのか?

調べる方法はある。大学のキャリアセンターに行けば、就職実績企業リストがあるはずだし、『就職四季報』(東洋経済新報社刊)でも大学の先輩が入社しているかを調べられる。採用実績校の欄には、採用校(大学院を含む)とその人数が掲載。また、自分の大学からの採用実績があれば、大学のOB・OGがいるはずだから、コンタクトを取って、くわしい話を聞くことも可能だろう。

次ページ知名度の低い企業も対象大学を絞り込む
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。