「新入社員の定着率が高い」200社ランキング

「定着率100%」の会社は少なくない

2013年入社組、2014年入社組の定着率が100%の任天堂。現在は「Switch」がヒットしている(撮影:田所千代美)

2017年も残すところあとわずか。年末を故郷で過ごす学生も多いはず。まだ就職活動らしいことをやっていない現大学3年生(2019年卒生)は、この機会に業界研究や企業研究に手をつけてみるのはいかがだろうか。

近ごろは、長時間労働や人手不足を背景に「働き方改革」が叫ばれており、就活生が会社を選ぶ基準も、給与などの待遇より働きやすさを重視する傾向があるようだ。ここで働きやすさを計るうえで注目したいのが、新卒入社者のうち3年以内に離職した割合を表す「3年後離職率」だ。

大卒3年後離職率は全体で32.2%

「就職四季報」特設サイトはこちら

厚生労働省の「新規学卒者の離職状況」調査によると、最新の大卒3年後離職率は全体で32.2%。「3年で3割が辞める」計算になる。言い換えれば「3年後に定着しているのは7割弱」ということになる。とはいえ個別の会社に焦点を当てると、離職率が低い会社=定着率が高い会社が存在するのも確かだ。ではいったいどんな会社か。

東洋経済では『就職四季報2019年版』(総合版、女子版、優良・中堅企業版)の中で、3年後離職率を調査しているが、この逆数を定着率とし、その値が高い会社を、「新入社員が辞めない会社ランキング」として紹介していきたい。

次ページ3年間誰も辞めない会社は80社
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。