「新入社員の定着率が高い」200社ランキング

「定着率100%」の会社は少なくない

2013年入社組、2014年入社組の定着率が100%の任天堂。現在は「Switch」がヒットしている(撮影:田所千代美)

2017年も残すところあとわずか。年末を故郷で過ごす学生も多いはず。まだ就職活動らしいことをやっていない現大学3年生(2019年卒生)は、この機会に業界研究や企業研究に手をつけてみるのはいかがだろうか。

近ごろは、長時間労働や人手不足を背景に「働き方改革」が叫ばれており、就活生が会社を選ぶ基準も、給与などの待遇より働きやすさを重視する傾向があるようだ。ここで働きやすさを計るうえで注目したいのが、新卒入社者のうち3年以内に離職した割合を表す「3年後離職率」だ。

大卒3年後離職率は全体で32.2%

「就職四季報」特設サイトはこちら

厚生労働省の「新規学卒者の離職状況」調査によると、最新の大卒3年後離職率は全体で32.2%。「3年で3割が辞める」計算になる。言い換えれば「3年後に定着しているのは7割弱」ということになる。とはいえ個別の会社に焦点を当てると、離職率が低い会社=定着率が高い会社が存在するのも確かだ。ではいったいどんな会社か。

東洋経済では『就職四季報2019年版』(総合版、女子版、優良・中堅企業版)の中で、3年後離職率を調査しているが、この逆数を定着率とし、その値が高い会社を、「新入社員が辞めない会社ランキング」として紹介していきたい。

次ページ3年間誰も辞めない会社は80社
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。