海外勤務者が多い会社トップ200ランキング

1位トヨタは2450人、2位ソニーは1400人

海外勤務者数がトップのトヨタ自動車。売上高28兆円の大企業は、当然、全世界を相手にビジネスをしている (撮影:鈴木紳平)

売り手市場を背景に、年々早期化の傾向が見られる就職戦線。すでにインターンシップや学内セミナーへの参加経験がある就活生も多いだろう。一方、まだこれからという人は、まずはどんな業界や会社があるのかを知り、会社選びの基準を考えてほしい。

近年では、就活生が会社選びで重視する基準は、「待遇」から「働きやすさ」にシフトしているようだ。もちろん、基準や優先順位は人それぞれだろう。こうした中で「海外で働けるか」を重視する人も存在する。

では、実際に海外で働く機会が多いのは、どんな企業か。2017年11月に東洋経済が刊行した『就職四季報2019年版』(総合版、女子版、優良・中堅企業版が発売中)をもとに見ていくことにしよう。

トヨタ、デンソー、豊田通商などトヨタ系多し

「就職四季報」特設サイトはこちら

総合版に掲載されている1293社のうち、「海外勤務者数」に回答があったのは、1226社(うち1名以上は997社)。そこから上位200社を集計し、ランキングにまとめた。

なお図表には「従業員数」も記載しているが、調査では原則、メーカーなど工場で働く現業勤務者を除いた人数を回答してもらっている。そのため、有価証券報告書などに記載された社員数の公表数値とは異なるケースが多い。また、会社によっては、違う基準の従業員数を回答している場合がある。「現業者含む」と注記で記載している場合もあるが、海外勤務者の割合を知るための参考程度にとらえてほしい。

1位は昨年に引き続きトヨタ自動車だ。海外30カ国・約80事業体に約2450人の海外勤務者がいる。2位との差は1000人超とダントツの1位である。2位はゲームや映画などでもブランド力がある電機大手のソニーで1400人。3位は自動車部品国内首位のデンソーで、36カ国・地域に1336人が勤務している。

次ページ4~6位はやはり総合商社
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。