就活生の多くは「会社の見方」を誤解している

知名度・待遇・・・先輩たちはここがズレていた

多くの就活生は「企業の見方」を間違っている (写真:KY / PIXTA)

人の成長は「経験7:人からの影響2:勉強1」という法則がある。人の成長に関わる要素を、経験、人からの影響、勉強の3つに分けると、最も大きな成長要因は経験であり、7割を占める。同僚や上司、先生などとの出会いは2割、セミナーや読書などによる勉強は1割とする法則だ。

この法則を学生に当てはめると、ほとんどの学生が“経験”する就職活動で、大きく成長することになる。学生は就活経験を通じて何を学び、成長したのか? これから今の大学3年生を対象にした就活は本格化する。HR総研が昨年の先輩(2018年卒生)を対象にアンケートを行っており、その中で、「就活の経験を通して企業の見方がどう変わったか」ということを聞いている。就活の起点として参考にしてもらいたい。

就活戦略としてむしろ有利なB to B

「就職四季報」特設サイトはこちら

学生が就活で初めて出会う言葉に、「B to B」や「B to C」がある。就活の準備に取りかかる頃の学生の企業知識は真っ白な状態で、単に自分が知っている企業を志望先として考える。学生が知っている企業とは、一般消費者向けの製品やサービスを販売・提供している、「B to C(Business to Consumer)」企業である。

もうひとつの「B to B(Business to Business)」は、企業向けのビジネスを展開する企業であり、学生に対する知名度はそれほど高くない。B to Bを知らない就活初期段階で学生が志望することもあまりない。

ただし、就職の競争率で見ると、B to C企業だけに絞るのは、得策ではない。膨大な学生が押しかけるので、競争率が極めて高いからだ。知名度の割に採用数がそんなに多くない企業では、競争倍率が数百倍~数千倍になることもある。一方、B to B企業を志望する学生は多くないので競争率が低くなり、もともとB to C企業に比べて圧倒的に数が多いので、選択肢も増える。就活戦略としてはB to B企業を早くから狙うのが有利だ。

次ページ知名度のない優良企業はたくさんある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。