「年収1000万以上」で転職できる人の3大特徴

30代後半人材を好待遇で採用する事例が急増

「年収1000万円以上」の条件で転職できる人には、大きく分けて3つの特徴がある(写真:freeangle / PIXTA)

2016年の民間給与実態統計調査によると、1年を通じて勤務した給与所得者4,869万人のうち、年収1000万円超の割合は、4.2%と少数派だ。しかし、リクルートキャリアが提供する転職支援サービス「リクルートエージェント」では、2009年以降、「年収1000万円以上」で転職を果たす人たちが増えている。

「変革」できる人材なら、異業種でも歓迎

「就職四季報」特設サイトはこちら

それはどういった人たちなのか。また、なぜ企業は年収1000万円以上提示して、その人材を採用したいと思うのか。背景を探っていきたい。

年収1000万円以上で転職を実現している人を分析していくと、共通のキーワードが3つ出てくる。それは、「変革」「グローバル」、そして「組織バランス」だ。

第1に、「変革」というキーワードだが、業界を問わず、年収1000万円以上で人材を採用したい企業の多くは、何らかの変革期を迎えている。たとえば、既存事業を立て直す、第二創業期の成長をけん引する、新規事業を推進する……。そうした変革を担える人材に期待を寄せている。

国内マーケットの縮小、新たなテクノロジーやビジネスモデルの台頭などを背景に、既存事業だけでは成長が見込めないと考える企業では、新規事業として、異分野への進出を狙っており、新規事業をイチからつくれる人材や、経営改革を推進できる人材が求められている。そうした人を経営企画のポジションで採用するケースが増えている。

次ページITに知見がある人材がほしい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。