「年収1000万以上」で転職できる人の3大特徴

30代後半人材を好待遇で採用する事例が急増

「年収1000万円以上」の条件で転職できる人には、大きく分けて3つの特徴がある(写真:freeangle / PIXTA)

2016年の民間給与実態統計調査によると、1年を通じて勤務した給与所得者4,869万人のうち、年収1000万円超の割合は、4.2%と少数派だ。しかし、リクルートキャリアが提供する転職支援サービス「リクルートエージェント」では、2009年以降、「年収1000万円以上」で転職を果たす人たちが増えている。

「変革」できる人材なら、異業種でも歓迎

「就職四季報」特設サイトはこちら

それはどういった人たちなのか。また、なぜ企業は年収1000万円以上提示して、その人材を採用したいと思うのか。背景を探っていきたい。

年収1000万円以上で転職を実現している人を分析していくと、共通のキーワードが3つ出てくる。それは、「変革」「グローバル」、そして「組織バランス」だ。

第1に、「変革」というキーワードだが、業界を問わず、年収1000万円以上で人材を採用したい企業の多くは、何らかの変革期を迎えている。たとえば、既存事業を立て直す、第二創業期の成長をけん引する、新規事業を推進する……。そうした変革を担える人材に期待を寄せている。

国内マーケットの縮小、新たなテクノロジーやビジネスモデルの台頭などを背景に、既存事業だけでは成長が見込めないと考える企業では、新規事業として、異分野への進出を狙っており、新規事業をイチからつくれる人材や、経営改革を推進できる人材が求められている。そうした人を経営企画のポジションで採用するケースが増えている。

次ページITに知見がある人材がほしい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT