先輩就活生が悔やむ「こうしておけば」反省点

インターン不参加でこんなに乗り遅れるとは

2017年3月1日の合同企業説明会の様子。ここに参加した先輩たちの中には「もう少し早めにやっておけば」と後悔している人は少なくない (撮影:尾形文繁)

大学受験と就職活動は個人競技に近い。親やキャリアセンターなどの支援があるとはいえ、戦うのは個人である。そして、結果は明白だ。勝つ者もいれば、負ける者もいる。そして失敗から後悔や反省が生まれ、若者は学ぶ。その「学び」を、HR総研が行った、1つ上の先輩(2018年卒生)のアンケート結果から検証してみたい。

大多数が「早く始めておけば」と後悔

「就職四季報」特設サイトはこちら

学生の声で最も多いのは「もっと早くしておけばよかった」である。つまり、やらなかったことを後悔、反省しているのだ。やらなかったことには、就活の全メニューが含まれている。「自己分析」、「業界研究」、「企業研究」にはじまり、「SPI」や「ES(エントリーシート)」、そして「面接」への対策などだ。2018年卒で特に目立つのは、「インターンシップ」への言及である。大学ランクや文系理系を問わず、インターンシップにもっと積極的に取り組むべきだったと反省する学生は多い。

「夏のインターンシップになるべく多く参加しておくべきだった。その時点で勝負の半分以上が決まっている企業も少なくない」(早慶クラス・文系)
「もっと早くからインターンシップにたくさん参加して企業研究するべきだったと感じます」(上位私立大・文系)
「もっとインターンに参加しておけばよかった。早くからインターン選考対策を行うべきだった」(旧帝大クラス・理系)
・「もう少し早く夏のインターンシップに応募すればよかった」(上位国公立大・理系)
「インターンシップに参加できなかったことが、ここまで就活に影響するとは思わなかった」(上位国公立大・理系)

インターンシップの開催時期のピークは、夏と冬の2回。夏に参加できなくても、「冬のインターンシップに参加すればいい」と考える学生も多いようだが、勘違いしてはいけない。すでにインターンシップは就活の定番イベント。インターンシップで実際に選考が行われるから、夏のインターンシップから積極的に参加する姿勢が必要だ。もっとも、今さら夏のことを言っても始まらない。今からでも間に合う冬のインターンシップがあれば、ぜひ積極的に参加しておこう。

次ページインターンシップでの選考が常態化
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT