先輩就活生が語る「本当にあった」面接の質問

「自分を動物に例えるなら」は、もはや定番だ

実際の就活の面接では思いもよらない質問が出てくることがある (写真:ふじよ / PIXTA)

就職活動の最終ゴールは内定であり、その前の関門が面接である。これから面接を実施する企業が増え始める。準備は万全だろうか?

「就職四季報」特設サイトはこちら

面接の質問は野球のボールに似ている。打ちごろの直球の質問を投げてくる面接官もいる一方、より深く学生を理解するため、ボール球ギリギリの際どい質問を投げてくる面接官もいる。下手に打つと引っかかってゴロになる変化球の質問も多い。うまく打ち返して面接で好印象を得るには、まずどんな質問が繰り出されるのかを知る必要がある。

HR総研が楽天「みん就(みんなの就職活動日記)」と共同で行ったアンケート調査(2017年6月実施)から、ひとつ上の2018年卒の先輩が経験した「最も印象に残っている面接質問」を紹介したい。面接の傾向と対策を探っていこう。

面接の質問には定番がある。模擬面接などで経験済みかもしれないが、「なぜこの業界を志望したのですか」「なぜ当社なのですか」という志望動機や希望職種が代表的なものだ。それ以外の質問は人物を知るために行われる。

質問は人物を知るために行うもの

■代表的な質問例
「学生時代に打ち込んだことはありますか」
「小さい頃はどんな子どもでしたか」
「長所と短所をあげてください」
「趣味と特技を教えてください」
「座右の銘はありますか」
「あなたの挫折経験を教えてください」

​これらの質問は必ず聞かれる。ただ、今回の調査は「最も印象に残っている面接質問」を聞いたので、定番の質問はそれほど多くない。予測して面接に臨んでいるからだろう。

「最も印象に残っている面接質問」で目立って多いのは、比喩を使った自己紹介だ。「自分を○○に例えると何ですか?」という質問で、特に多いのは「動物に例えると何?」である。

次ページ準備を怠り失敗した学生も・・・
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?