就活で採用者がマイナス評価する、「NG質問」

勤務地や職種、福利厚生を気にしすぎると・・・

面接や説明会での質問がマイナス評価になることがある (写真:hanack / PIXTA)

インターンシップと称した実質的な採用セミナーが2月にピークを迎え、3月には正式な会社説明会がピークを迎える。今年の予測では、3月後半から面接を行う企業が急増、ほかの大多数の企業も4月後半までに開始するとみられる。

早々に行われる説明会や面接で注意したいのが「質問」だ。多くの企業は説明会や面接の最後に、「何か質問はありますか」という定番フレーズを投げかける。これはチャンスだ。よい質問は企業に好感を与える。しかし、それは諸刃の剣。場合によっては、悪い印象を与える場合もある。

まず「質問をする」ことは歓迎

これから紹介するデータは、2017年12月下旬にHR総研が行った「2018年新卒採用および2019年新卒採用に関する調査」(回答196社)の中で、「説明会や面接の際に、学生からの質問内容でマイナス評価になる質問がありましたら、例をあげてください」という質問に対する回答である。そのコメントから、企業の採用担当者がマイナスの評価をする、「NGワード」を見ていこう。

「就職四季報」特設サイトはこちら

その前にまず紹介したいのは、「マイナス評価をしない」という企業が少なくないこと。質問は好奇心、活発さ、積極性の表れなので歓迎する、という意見である。

「何を質問していただいてもOKです」(従業員300人以下、メーカー)、「よほどの内容でない限りは、質問した内容についてマイナス評価をするべきではない、と考えます」(300人以下、運輸)と、いずれも寛容である。

さらには、「どんな質問でも積極的にしてくる学生はプラスの評価をしている」(300人以下、情報・通信)というように、「質問をすること」自体をプラス評価している企業もある。

逆にいえば、「質問しないことはマイナスと考える。知らないことが多いので、質問は基本的になんでもよいと思う」(301~1000人、メーカー)、「質問がない、あるいは極端に少ないことが、マイナス評価になります」(300人以下、マスコミ・コンサル)と、質問しないとマイナス評価になる可能性がある。いずれにしても、説明会や面接では、明るく素直で快活な質問が歓迎されている。

次ページ海外転勤できますか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT