面接で「良い印象を残す就活生」の共通点 目を見る、軸がブレない、自分の言葉で話す…

印刷
A
A
採用担当者に良い印象を残す就活生の特徴とは何か(写真:Fast&Slow / PIXTA)

就職活動の目的地は内定だ。そのために会社説明会に出席し、面接を受ける。しかし、面接を受けただけで、内定は得られない。人事部の採用担当者や面接官に強い印象を与えないと、選考時には思い出してもらえない。

「就職四季報」特設サイトはこちら

強い印象にも「良い印象」と「悪い印象」がある。HR総研が昨年12月に採用担当者向けに行った「2018年新卒採用に関する調査」では、昨年の就活で「良い意味で印象に残っている学生」について聞いている。その内容を紹介していきたい。説明会や面接は春から初夏にかけて行われるが、調査は12月下旬に実施している。つまり、半年以上経っても強烈に思い出す学生、ということになる。

「元気で明るい」学生を企業は大好き

大人は元気で明るい若者が好きである。面接官も大人なので、可能性にあふれた若者が大好きだ。

「新卒ですので、やはり『元気で明るい』アピールができる学生は、印象に残ります」(従業員数1001人以上、サービス)
「会社説明会や選考の場を、自身も楽しみながら参加している学生。周囲や社員への積極的な関わりの持ち方から、そういった印象を受ける」(301~1000人、サービス)​​​
次ページ大声過ぎると「逆効果」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT