就活生は「内定サイン」を見逃してはいけない

「6月1日に会おう」は採用意思がある可能性大

「6月1日に来てください」という連絡がきたら、”内定”のサインである可能性が高い (写真:SAMURAI / PIXTA)

経団連の「採用選考に関する指針」は、選考活動の開始を6月1日以降と定めている。つまり、5月末まではWEBや説明会を通じての広報活動のみのはずだが、すでに選考を始めている企業は多い。

「就職四季報」特設サイトはこちら

堂々と「面接」という企業もあれば、「面談」や「懇談会」、「ジョブマッチング」などの名称を使う企業もある。ただし、どういう名称であろうと、採用担当者や面接官が学生に個別で会って会話を交わすものは、選考活動と考えていい。

さて、その選考の結果は、どのように学生に伝えられているのだろうか。HR総研が昨年6月、楽天「みん就(みんなの就職活動日記)」と共同で行ったアンケート調査から、昨年の就活生が「内定」と思ったサインを紹介しよう。

学生のコメントを読むと、内定(内々定)に関しては、多くの大手企業が「6月1日」という期日を守ろうとしているようだ。採用を決めているが、学生へ正式に伝えるのは6月1日にして、その前に「内定を出すよ」ということを示唆する発言をする。学生を他社に採られたくないので、「6月1日に伝えるけれど、もう決めているよ。わかっているよね。ウチに来てね」と、ほのめかしているわけだ。

6月まで「内定出し」できないが実態は・・・

「リクルーターに6月1日の面接について、極めて重要な面談、一生に何度もある機会ではない、本当に貴重な機会などと、その重要性を強調された」(京都大学・文系)、「6月1日に電話するから、そのときに意志を教えてね、と言われた」(同志社大学・文系)、「6月1日は1日中予定を入れないでくださいと言われました」(東京工業大学・理系)、「6月1日にお会いしましょうと言われたこと」(横浜国立大学・理系)

5月末に連絡を受け取った学生もいるが、中身は6月1日と同一と考えていいだろう。

次ページ5月末の電話は期待していいか
関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。