「儲けていて給料も多く出す」158社ランキング

就活生が探しているいいとこ取り企業を抽出

成長していて高い利益を出し、給料も高い企業はどこか(写真:jcsmilly/PIXTA)

今年の就活は「平成のうちに終わらせたい」と、企業側も就活生側も考えているようだ。そのためこの4月はかなり慌ただしく面接や選考が行われている。経団連が定めた「6月1日選考解禁」は、今年までルールとして残っているが、来年以降の廃止が正式決定してからは、この日程を守る企業がかなり減ってきている。

『就職四季報』特設サイトはこちら

一方で、大学3年生の就職に向けた動きが目立つようになってきている。夏のインターンシップに参加するために、早くも企業探しが始まっている。2~3月に行われた2020年卒(現大学4年生)向けの合同説明会の会場には、2021年卒(現大学3年生)の姿が相当数見られた。すでに2021年卒向けの就活イベントなどを開催しているところもある。

就職情報会社のナビサイトも2021年卒向けのページを作っており、「インターンシップの先行予約」を受け付けているサイトもある。意中の企業を探し始めている3年生は少なくないだろう。

上場企業の中から”いいとこ取り”企業を探す

企業選びは、その業界や職種が自分に合うかという軸で探している人が多いと思うが、「成長していて、利益もしっかり出して、給料も多く出す」、そんな「いいとこ取りの企業」がないかという視点で探したい人もいるはず。そこで、高成長かつ高利益かつ高年収の企業を、ある基準を設けて抽出したのが、「儲けていて給料も多く出す会社」ランキングだ。

次ページ条件は年収750万円以上で高収益&高成長
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT