「儲けていて給料も多く出す」158社ランキング

就活生が探しているいいとこ取り企業を抽出

選定基準として、年収、利益、成長率について、設定した基準をクリアしている企業を、『会社四季報』のデータから探し出した。具体的には上場企業約3800社の中で、直近本決算(2018年12月期までが対象)の経常利益率(売上高に対する経常利益の割合)が10%以上、5期前から売上高が10%以上上昇し、そして本決算時点の平均年収が750万円以上の企業とした。つまり、「2ケタ(10%以上)の利益を出し、売り上げを5年前から1割以上伸ばし、高年収の会社」だ。

結果、対象となる企業は158社となった。売上高の多い順に並べているが、対象企業すべてが条件を満たした、「いいとこ取り企業」と思っていただきたい。なお、2年前にも同じ条件で企業を抽出しているが、その際の企業数は116社だった。景気の影響もあると思うが、好調で高い給料を出す企業が増えている。

1位は日本電信電話。NTTグループの持株会社だ。売上高は11.7兆円で、5年前から10.3%売上高を増やした。経常利益率も14.9%と高く、平均年収も持株会社の数字だが、905万円という水準になっている。2位は総合商社大手の三菱商事、3位はメガバンクの一角、三菱UFJフィナンシャル・グループという順番になっている。

平均年収1000万円超えは29社

一方、この158社の中でもっとも平均年収が高かったのは146位で、独立系M&A仲介会社のM&Aキャピタルパートナーズ。売上高は80億円程度だが、平均年収は2478万円となっている。以下生産工場向けセンサーなど検出・計測制御機器大手のキーエンス(39位、平均年収2088万円)、M&A助言会社のGCA(122位、平均年収2063万円)と続き、29社が1000万円を超えていた。

全体的な傾向はつかみにくいが、メーカー企業が多くランクインしている印象だ。工作機械用NC(数値制御)装置世界首位で産業用ロボットも手掛けるファナック(30位)やFA向けの空圧制御機器で世界首位のSMC(35位)など、世界トップクラスの製品を作るBtoB企業が多い。また売上高が小さい企業の中にはユニークなビジネスを展開しているところもある。

現在就活中の大学4年生も含めて、これからの企業探しの参考にしてもらいたい。

次ページ高収益&高利益&高成長企業1~40位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT