文系就活生が選ぶ「就職人気ランキング」TOP100

2年連続1位ANA、2位JAL…エアライン人気続く

文系学生が選んだ就職人気ランキングは、2年連続で1位ANA、2位JALという順位になった (撮影:尾形文繁)

就活生が関心を抱く企業はどこか――。その端的な指標としてわかるのが、就活生の投票によって算出した、就職人気ランキングだろう。

4月12日付の配信記事「2万人の就活生が選んだ『就職人気ランキング』」を皮切りに、これまで、男子学生、女子学生、理系学生ごとの人気企業の傾向を見てきた。今回は、文系就活生を対象にした、「就職人気ランキング・文系学生版」の上位100社を紹介していきたい。

『就職四季報』特設サイトはこちら

ランキングは、文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしている。同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録している学生のうち2万2028人(うち文系1万8424人)が回答した結果だ。調査期間は2018年10月1日から2019年3月31日までとなっている。

ランキング表には、2020年卒・前半の総合順位と、昨年(2019年卒・前半)の文系順位を掲載している。「前半」とは、同調査が就活の「前半」と「後半」の年に2回実施しており、今回は前半の結果だ。

就職活動の「前半」の段階では、まだまだ憧れやイメージが強い。一方、実際の説明会や面接を経た「後半」とでは、企業へのイメージも変わってくる。それぞれのタイミングで調査を行い、傾向の違いについても分析を行っている。なお、後半の結果は7月頃に発表する予定だ。

エアラインや旅行業に人気集まる

順位を見ていこう。1位は全日本空輸(ANA)、2位は日本航空(JAL)と、総合ランキングと同じ結果になった。文系の投票比率が高いため、総合ランキングに近い結果になりやすい。ただ、2年連続で同じ結果になっており、エアライン業界の人気が引き続き強いことがわかる。

3位はJTBグループ。総合では8位だが、文系学生からの人気が高かった。旅行業はインバウンドの拡大などにより、成長が見込めるだけでなく、メディアや出版、情報システムなどグループ内で旅行を軸に多様なビジネスを展開している。そうした選択肢が多いことも人気の1つである。

4位は日本生命保険と昨年の文系5位からワンランクアップ、反対に5位みずほフィナンシャルグループは、昨年の文系4位から順位を下げた。採用数削減などに端を発した、就活生の銀行離れだが、男子学生を中心に人気は底堅く、12位の三菱UFJ銀行と合わせて、文系のランキングで上位に踏みとどまっている。

6位は大和証券グループで、7位は理系1位の明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)が入った。昨年の文系22位から大きく順位を上げており、文系学生にも人気になってきているようだ。

今年は総合商社の人気の高まりが顕著だったが、文系ランキングでも8位伊藤忠商事(昨年18位)や、11位丸紅(昨年94位)と、かなり順位を上げている。

以下、トップ10には、9位大日本印刷、10位博報堂/博報堂DYメディアパートナーズが入った。

すでに就職活動は終盤に入っており、各社の内定動向調査によれば、6月の「選考解禁」を前に、すでに半数程度の就活生が内定を得ている。そんな売り手市場の就職活動を経て、学生の企業の見方はどう変化するのか? 引き続きその動向を注目していきたい。

次ページ就職人気ランキング・文系学生版1~50位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT