就活生の親が子に話す「アドバイス」のリアル

自立性重んじる親、「大手に行け」という親…

子どもに任せる理由として、時代が違うことがある。

「親が就活をしていた時代とは、あらゆる事情も変わっているため、親の言うことはある程度でしか参考にはならないので、自分のやりたいようにしたらいい」(理系・鳥取大学)

いまの就活生の親の年齢は50歳前後が多い。この親たちの多くが就職活動したのは1990年の頃。まだ日本がバブル経済に浮かれていた時代だ。当時といまでは日本経済や企業の常識が異なっており、親の経験はまったく役に立たない。子どもに任せるのは賢明だ。

うんちくに富む言葉もある。

「選んでもらうことが幸せなので、こちらから選り好みをしないほうがいい」(理系・神戸大学)

「自分のやりたいことをやればよいが、その後転職するにしても3年は勤めなさいと言われた」(文系・中央大学)

東海地区は地元志向?

今も昔も親は自分の子がかわいい。子どもを目の届く範囲に置いておきたいのは親の情であり、たくさんの親が地元就職を望んでいる。同居とは書かれていないが、通勤が可能なら実家から通ってもらいたいのだと思う。

「地元に残って結婚してほしい」(理系・新潟大学)

「地元で就職してほしい」(理系・豊田工業大学)

「地元の企業を受けろ」(理系・名古屋工業大学)

「地元で働いてほしい」(文系・名古屋大学)

大学名でコメントを抽出したわけではないが、中部地区、とくに愛知県の大学に多いようだ。東京、大阪などに本社のある大手企業の複数の採用担当者から、最も苦労するのが東海地区の採用だと聞いたことがある。配属先、あるいは異動先が全国にわたる総合職ではなく、東海地区限定のエリア総合職採用のほうが採用しやすいこともあると。

次ページ親は安心、だが子どもの将来は…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT