中学受験に向く子の「能力・生活習慣・メンタル」

家庭教師、個別補講にしても伸びない子は…

中学受験の前に、それが本当に子どもにとって必要なものなのか、いま一度考えてみましょう(写真:xiangtao/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

新5年生の息子がいます。某大手中学受験塾に通って3年になりますが、成績が上がらず、家庭教師を頼んでみたり、個別補講に行かせたりしてきました。なんとか理解できるように、自分でわかるように努力してほしくて、あれこれ言ってきたのですが、動かないので、こちらが怒りを爆発させ、ついに殴ってしまいました。結果、やる気をなくし、こちらの話を聞かなくなってしまいました。状況を改善できる方法はあるのでしょうか。
(仮名:飯島さん)

中学受験には、向く子と向かない子がいる

普段、中学受験に関して受けるご相談は多く、筆者が主宰する「子育て・教育勉強会Mama Café」でも相当数に上ります。

とくに首都圏では中学受験熱が高く、私学への進学は当たり前といった空気の地域も少なくありません。そんな中、子どもが中学受験に向いていないにもかかわらず、とにかく勉強させて受験させるという家庭も見られます。

この連載の記事一覧はこちら

筆者は20歳から子どもたちへの勉強指導を3500人ほど行ってきましたが、その多くは公立学校の子どもたちでした。またその後、東京の中高一貫の私立の経営者もやりましたので、私学がどのような世界で、またどのような子どもたちが私学に通っているのかということをよく知る立場にありました。

そうして公立の子、私立の子、それぞれに接してきて感じたことは、「中学受験に向く子と向かない子」がいるということです。ただし、誤解のないようにしていただきたいのは、「中学受験に向かない子=ダメな子、勉強できない子」ではないということです。中学受験を選択しようがしまいが、それが良い悪いという尺度とは何の関係もないということは、はじめにお伝えしておきたいと思います。

次ページ中学受験タイプと公立タイプ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。