中学受験に向く子の「能力・生活習慣・メンタル」 家庭教師、個別補講にしても伸びない子は…

✎ 1〜 ✎ 105 ✎ 106 ✎ 107 ✎ 最新
拡大
縮小

<次の生活習慣のいずれかに該当する>

・ゲームにハマりすぎていない
→ ゲームをすることはまったく問題ないが、ハマりすぎると時間的メリハリがなくなり確実に勉強に影響を与えるため、中学受験を乗り切ることは大半の普通の子の場合、難しい
・日常、継続的に勉強する習慣がある
(ただし一部の天才的能力を持つ子はこれに該当しない)

<次のメンタルのいずれかに該当する>

・目標校がはっきりしていて「ここに行きたい!」と熱望している
→ ただし、本気で行きたいと言っている子は、間違いなく行動を起こすが、口先だけの場合は勉強という行動を起こさないため、行動に着目する
・個性が強い子
(好きなことが明確になっていて、それが私学で実現できる場合)

以上から見て、飯島さんのお子さんはいかがでしょうか。家庭教師をつけても、個別補講を行っても、勉強に意欲が出るどころか、逆効果になっている現状から判断すると、このままでは、中学受験どころか、勉強そのものに対する嫌悪感が強くなる可能性もあります。果たしてそこまでして中学受験をやらせる必要があるのかどうかを、今一度考える必要があるでしょう。

子どもが開花するタイミングを見きわめる

仮に、能力、生活習慣、メンタルの部分で上記のような子でない場合でも、親としては落胆する必要はまったくありません。いつ子どもが“化けて”いくかはわからないからです。

これまで筆者が指導してきた生徒の中には、小学校時代は勉強嫌いでも、中学に入って、コツコツやって地元のトップ公立高校に入学し、有名大学へと進学した生徒はたくさんいました。つまり能力の早咲き、遅咲きがあるということです。子どもに合った選択をしてあげればいいだけの話です。

最も大切なことは、現状の子どもに合った指導や進路であると思います。そうすれば、その段階からぐんぐん伸びていく可能性がぐっと高まることでしょう。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT