逆境でもヤクルト選手が戦意喪失しない理由

元メジャーリーガーが与えた予想外の好影響

――監督の口から、次々とよどみなく選手の名前が出てくるのが、手応えを覚えている証拠のような気がしますね。

小川:彼ら自身は自分の置かれている立場をよく理解していますね。主力に何かあった場合に、いつでも「自分が出るぞ」という意気込みを感じます。そのために、みんなが必死に練習をしていますから。

期待のホープ・廣岡大志

――さて、オープン戦にフル出場し、開幕後も「七番・ショート」で、我慢強く起用している廣岡大志選手。彼についてはどのように見ていますか?

小川:廣岡に関しては、2~3年先を見据えた起用をしないといけないと思っています。チーム状況によってはオーダーをいろいろ考えなければいけない時期も来るかもしれない。でも、廣岡に関してはずっと使い続けなければいけない。そんな思いも持っています。実際に、そういう状況になったときにどう決断するか。それは監督としての大切な仕事だと思っています。

――そこまで、廣岡選手にこだわる理由は?

(写真:アルファポリス)

小川:廣岡が期待の逸材であるからというのは間違いないです。でも、それよりも何よりも、彼の場合は、見ていて楽しいんですよ。打ったとか、打たないとか、エラーしたとか、エラーしないとか、そんなこと以前に、彼がグラウンドにいるだけで楽しいんです。そういう選手はなかなかいませんよ。

――確かに! 彼ほど見ていてワクワクする選手はいませんよね。たたずまいに華があるし、大型遊撃手として、そして日本人大砲として、才能の塊のように見えます。

小川:ピッチャーで言えば、寺島成輝もそうです。今年はそういう選手も、どんどん起用して、さらなる底上げを目指していくつもりです。幸いにして、いい開幕スタートを切ることができたので、これからも執念を持って、一つずつ勝利していきます。

(インタビュアー:長谷川晶一)

アルファポリスビジネスの関連記事
小川流2018燕改革!チームに芽生えつつある「全員で戦う」という強い意識
小川流2018燕改革!「96敗」のチームを再建するために、私たちは今、何をすべきなのか
真中満からのラストメッセージ「3年間の思い出と最後の贈る言葉」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。