ラミレス監督「私が学んだ2人の指導者たち」

開幕のいま語る「人材育成と組織論」

ラミレス監督の知られざる采配の裏側とは? (c)YDB 
現役時代、その実力とユニークなパフォーマンスで人気を博したアレックス・ラミレス氏。2016年に横浜DeNAベイスターズの監督に就任してからはパフォーマンスを封印し、チームを2年連続でAクラスに導くなど、指導者としての顔を際立たせています。
「日本の野球は変わってきている。そうした実感は監督になってからより強く抱くようになった」
自著『CHANGE![チェンジ!] 人とチームを強くする、ラミレス思考』の中では、日本の野球に対する分析が独特の視点で記されています。知将としての評価も高まるラミレス氏に、「理想の監督像」と自身の「采配」について語ってもらいました。

現役時代に「2人の監督」から学んだこと

いよいよ2018年のシーズンが始まります。私が率いる横浜DeNAベイスターズ(以下、ベイスターズ)は、万全の態勢で開幕を迎えたところです。

私が“助っ人外国人”として来日してからすでに18年。その間、私は片時も離れることなく第一線で日本の野球に触れてきました。

現役を退いてからも日本の野球とのかかわりは途切れず、2016年にベイスターズの監督に就任し、今年が3年目のシーズンです。

ベイスターズは1998年のリーグ優勝以降、順位の低迷に悩んできました。しかし、私が監督に就任して1年目となった2016年はクライマックスシリーズ(以下、CS)への出場を果たし、2017年はついに日本シリーズへ進出するなど、チーム力を高めています。

流れは明らかに変わってきており、ベイスターズはいま、リーグ優勝だけでなく、日本一達成に着実に近づいていると言っていいでしょう。今シーズンはまさにベイスターズがその実力を証明する年になるはずです。

18年前、東京ヤクルトスワローズ(以下、スワローズ)と契約して来日しましたが、そのときの監督は、若松勉さんでした。若松監督に知り合えたことが、結果的に、長きにわたって日本に在住するきっかけとなりました。

監督となったいま、若松さんから学んだことの1つに、「レギュラー指名した選手を信頼し、起用し続ける」という姿勢があります。

私がスランプに陥っても、若松監督は辛抱強く起用してくれました。そして私は、その気持ちに応えようと奮起したのです。監督と選手の間にはこうした信頼関係が欠かせません。その大切さを私は若松監督から学んだのです。

次ページ選手としての学び
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT