ラミレス監督「私が学んだ2人の指導者たち」

開幕のいま語る「人材育成と組織論」

実際の試合となると、データどおりに物事が運ばないことも多くあります。

データに基づくといっても、100%が確約されているわけではありません。確率論では右投手を投入すべき場面でも、その日の傾向から「ここはあえて左だろう」と感じるときがあるのです。

そんなときは、ピッチングコーチに意見を求めます。

「右投手よりも、左投手のほうがいい気がしますね」

コーチのフィーリングと自分のフィーリングが一致すれば、そのときには迷わず自分の感覚を信じて左投手を登板させます。

ただし、9割は、「試合前の準備で頭にたたき込んだ数字に基づき決断する」ことにブレはないのです。

私が理想とする監督像とは?

現役時代の私は「ラミちゃん」というニックネームで親しんでいただき、たくさんの人から声援を受けてきました。おかげさまで、外国人枠を経た選手としては史上初の2000本安打、球界史上最多となる8年連続100打点などを達成しています。

グラウンドでプレーしていた頃の私はパフォーマンスをすることでも知られ、そのため「監督」というイメージとはかけ離れていたかもしれません。しかし、日本滞在が長くなるにつれ、「いつか日本のプロ野球チームの監督を務めたい」という夢を抱くようになりました。

「監督としても球史に名を刻みたい……」

こう思い始めたのは、ジャイアンツでまだプレーしていた頃でした。

「監督になりたい」という具体的な夢ができてからは、私は理想とする「監督像」を思い描くことが多くなりました。そのプロセスの中で浮かび上がってきた監督像が、「ボス」として君臨する姿ではなく、「リーダー」として皆を引っ張っていく姿でした。

一般的にボスというと、厳格であり、時に強圧的な側面も見せるというイメージがあると思います。事実、スポーツチームの監督の中には、自分がトップであり、ボスであると考える人もいます。

ボス型の監督の姿勢としては、「選手を使う」という印象がつきまとうものです。もしくは「選手を叱責する」姿を思い浮かべてもいいでしょう。

このタイプの監督が選手たちと会話を交わす際には、「オレが、オレが」という態度が前面に押し出されるケースが多いのが特徴です。自分こそがチームの司令官であるとの思いが強く、自分は命令を下す立場にあると信じています。

次ページ「ボス」と「リーダー」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT