日本シリーズで敗れたDeNAが「得たもの」

ソフトバンクが優勝、下克上ならずも大健闘

「日本シリーズ」 ソフトバンク―DeNA第6戦  日本一を逃し、ソフトバンクの胴上げを見つめるDeNAベンチ(奥)=ヤフオクドーム(写真:共同通信社)

2017年の日本シリーズはソフトバンクが粘るDeNAを振り切り、4勝2敗で2年ぶり8度目の日本一に輝いた。

順当といえば順当な結果である。

94勝49敗で2位・西武に13.5ゲーム差をつけたパ・リーグのチャンピオンと、73勝65敗5分けで首位・広島に14.5ゲーム差をつけられたセ・リーグの3位チーム。

日本プロ野球選手会が発表した今季開幕時点での支配下選手(外国人選手を除く)の平均年俸が、12球団最高の7013万円を誇るソフトバンクと、同じく最低の2600万円に留まるDeNAによる「格差対決」でもあった。

投手力、打撃力、機動力。戦力を見ればすべての面においてソフトバンクが上。第3戦までは下馬評どおりホークスが3連勝を飾った。

ペナントレース3位からの大健闘

しかし、いずれも台風の影響を受けたクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ、ファイナルステージを泥んこになって勝ち上がってきたベイスターズは土壇場で息を吹き返す。

第4戦はルーキー濱口遥大がホークス打線を8回1死までノーヒットに抑える快投で眠らせ、6-0の快勝。第5戦は主砲・筒香嘉智の中越え2ラン、中越え適時二塁打による3打点の活躍などで5-4と競り勝った。

崖っぷちからの2連勝。重厚な戦力に立ち向かう姿はハマのベイスターズファンばかりか判官びいきのプロ野球ファンを大いに沸かせた。

第6戦も3-2と1点リードで9回を迎えたが、守護神の山﨑康晃が1死から内川聖一に同点ホームランを許し、延長11回にサヨナラ負け…。シリーズの幕は下ろされた。

「下克上」はならなかったが、3位からの大健闘。アレックス・ラミレス監督はこう総括した。

「選手にはなんてすばらしい1年だったんだろうという話をした。負けたのではなく、得るものが多い1年だった」

敗戦の中に「得るもの」が随所にちりばめられていた。

次ページ機動力の課題点
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。