日本シリーズで敗れたDeNAが「得たもの」 ソフトバンクが優勝、下克上ならずも大健闘

拡大
縮小

まずは機動力。ソフトバンクが盗塁を6回企図して全部成功させたのに対し、DeNAはソフトバンクと同数の6回企図しながら4回失敗した。今季のチーム盗塁数39はリーグ最少、両リーグ11位。そのままの結果が出た。

象徴的だったのは福岡 ヤフオク!ドームで連敗して本拠地・横浜スタジアムに戻った第3戦だ。初回、1番の桑原将志が四球を選び、今シリーズ10打席目にして初めて出塁しながら、続く梶谷隆幸の2球目に走ってアウトになる。

ベンチからはランエンドヒットのサインが出ていた。いずれも走者は投球と同時にスタートを切るが、どんな球でも打たなければならないヒットエンドランに対し、ランエンドヒットはストライクだけ打つという作戦だ。

だが、梶谷は外角のストライクに手を出さず、桑原の単独スチールという形になった。捕手の髙谷裕亮がこれ以上ない送球でタッチアウト。気の毒な結果となったが、桑原はそもそも今季21回走って11回失敗と盗塁成功率が5割に届かない1番バッターだった。

これまた四球で出塁した梶谷は3番ホセ・ロペスのときに盗塁のサインが出ていたのにスタートが切れず、じっくり打たせるべき4番・筒香の初球に走って失敗する。ダブルミスでチャンスの芽を潰し、立ち上がりの制球に苦しむ武田翔太を助けてしまった。

大一番の仕掛けは不発

今季のDeNAは盗塁もさることながら犠打も少なかった。12球団最少の84。今シリーズでは送りバントを7度決めて3度得点に絡めたが、10度決めて5度得点に結び付けたソフトバンクには及ばなかった。

盗塁と犠打が少ない代わりにエンドランを多用するわけでもない。1、2番がなんとか塁に出て今季打点王のロペス、昨季2冠の筒香、今季首位打者に輝いた宮﨑敏郎の充実したクリーンアップが打って還す。「不動」の攻撃が今季のスタイル。たまにしかやらない作戦を大一番で仕掛けても、うまくいくものではない。

走れる選手がいないわけではない。今季21盗塁のチーム走り頭、梶谷は2014年に今季のチーム盗塁数と同じ39盗塁で盗塁王に輝いている。今季リーグ最多の157三振を喫した粗さを併せ持っているが、機動力を生かすには欠かせない存在。今シリーズは盗塁ゼロ(失敗1)に終わった。

次ページ守りの課題点とは
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT