写メ・ハナキン…、「おじさん言葉」受け流し術

カジュアルに古い「オフィス死語」の意味

むむ。さすがにポストはオフィス死語ではないのではないか。これは、相手の若手社員が知らなすぎのような気もする。

オフィス死語2:使うほどわかりづらくなる「ビンテージな修飾語」

本来、言葉をよりわかりやすく伝えるために「比喩」や「修飾語」はある。にもかかわらず、オフィス死語の使い手たちは、むしろわかりにくくしたいのかな、と思えるような昔懐かしい比喩や修飾語を多用している。

「進捗の遅い部下に対して『そんなペースじゃドッグイヤーの時代を生き残れないよ!』と諭したのですが、まったくピンときてない顔をされました」(IT・38歳)

「ドッグイヤー」もオフィス死語になってきている。ITの世界では新技術品がスピーディに生まれ、進化して、消える。その拙速さを表現した言葉が「ドッグイヤー」だ。犬の1年が、人間でいうと7年分に相当するため、「犬の寿命並みに進化が進む」という比喩だ。ITが普及した2000年前後によく使われたが、今やさっぱり聞くことがなくなった。

オフィス言葉もドッグなイヤーで進んでいるのだ。いまだドッグイヤーと口走る先輩は「時の移り変わり実に早いのだよ」と身をもって諭してくれている優しい人だと考えよう。

先輩・上司は当時から使っている言葉を捨てられない

「うちの部署に入った新人と帰宅の電車が同じに。『週末なのに、直帰するの? せっかくの“花金“なのに』と声をかけたら、『ハナキン!? 本当に“花金”って言うんですね!』と珍しい動物でも見られるかのように指摘されました」(商社・47歳)

“花金”はジ・オフィス死語だろう。かつて企業も官公庁も、週休1日で、日曜日のみ休みというところがほとんどだった。しかし、80年代から土日休みの週休2日制を採る企業が増え、官公庁も1992年には週休2日を採りはじめた。そこで金曜夜の価値が急浮上。「翌日を気にせず、華々しく夜遊びできる曜日」として“花金”と呼ばれるようになったわけだ。ちょうどバブル景気の頃と重なり、週末の金曜日に遊ぶ会社員が増え、花金は一気にポピュラーな言葉になった。

もっとも、バブル終焉とともに、世の中に余裕もなくなり、“花金”の言葉も散ることに。これを使う先輩がいたら、きっとかつて花金を謳歌した人に違いない。「先輩たちの頃って、花金で、どんなお店で遊んでいたんですか?」「え、カフェ&バー? それってカフェなんですか、バーなんですか?」などと少し突っ込んでみるのもいいだろう。それにしても近い将来、“プレミアムフライデー“が同じ憂き目に遭いそうだ。

「若い同僚に『俺、小遣い少ないんだよ。うちの“大蔵大臣“が厳しいから』と当たり前のように話したのですが、これいま財務大臣ですよね」(44歳・広告)

次ページ大蔵大臣はPCソフト名ではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?