仕事のスピードが速い人の「情報収集」のコツ

良質なインプットが仕事の生産性を上げる

仕事の生産性を高めるためのインプットの考え方とは(写真 : Syda Productions / PIXTA)
仕事の生産性を高め、短時間で仕事を片付けることが求められています。しかし、単純にすべてを短縮しようとしては生産性も品質も上がりません。『1時間の仕事を15分で終わらせる 最速で稼ぐ外資系コンサルの時短術』の著者であり、以前の4分の1の時間で働いている清水久三子氏が、仕事の生産性を高めるために、最も時間をかけているインプットの考え方についてご紹介します。

良質なインプットが仕事を倍速にする

この連載の記事一覧はこちら

仕事に必要な情報収集をできるだけ速くしたい――。そういう声をよく耳にしますが、実は私は情報収集については、あまりスピードを重視していません。

ここで手っ取り早い情報に飛びついた場合、後で手戻りが発生したり、アウトプットの品質が低くなってしまうことが非常に多いからです。逆にここでしっかりと必要な情報がインプットできれば、その後は自信をもって進めるため、全体としては速く仕事を終わらせることができます。

仕事における情報収集は、おカネと時間をどれだけかけるかを意識する必要があります。情報収集を「投資対効果」で考えるのです。情報収集のタイプごとに得られるリターンを把握しておくと、どこまで投資するかを判断しやすくなります。

次ページインターネット
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。