「リーダー」にのし上がる人は何が違うのか

日本マイクロソフト会長樋口氏の仕事術

変革を手掛ける人が1人でも増えてほしい(撮影:今井康一)
米ヒューレット・パッカード(HP)と米コンパックの日本法人の統合を実行し、危機のダイエーを活性化させ、米マイクロソフト日本法人の変革をリードした「血の通った経営論」とは。『僕が「プロ経営者」になれた理由』を書いた日本マイクロソフト会長の樋口泰行氏に聞いた。

正味10年、いかに自分の頭で考えてこなかったか

──「プロ経営者」なのですね。

自身ではプロとは思っていないが、結果的に内資、外資4社の社長を経験し、そんなふうに見えるかもしれない。ネーミングこそプロとされているが、自分としてはその時々に、その場所で十分できたなと思った頃、フラストレーションがたまってくる。こんなことをもっと勉強したい、あんなことがやりたいと。そして次の形が社内で実現できなかったから、会社を替えた。そんな感じが実情だった。

──内・外資を渡り歩ける経営者はあまりいません。

べたな日本企業と外資系との両方で働いた経験があるのは事実で、しかも期間的にはほぼ同じ分量だ。その間に米国で経営大学院に行ってMBA(経営学修士)を得たり、戦略系のコンサルティングファームに在籍したりもしている。

職に就いて12年経って日本企業を辞め、コンサルティングファームに入った。そこでは自分の頭で考えよとさんざん言われ、いかにそうしてこなかったかを思い知らされた。コンサルに行く前までの12年のうち2年は留学だったから、正味10年、考えることを停止していたようだ。その状態から、自分の頭で思考するのはものすごいストレスだった。筋肉が全部落ちていた状態から、4〜5年にわたり本格的な筋肉トレーニングをするような苦痛だった。

思考なしを15年や20年続けていたら、もう元には戻らなかっただろう。上司の指示に盲目的に従い、そのうち指示待ちになり、進言しても採用されないとあきらめる。特に単一事業の大組織の場合はまさに「歯車」。しかも同一カルチャー、終身雇用の中で一生勤めていると、その中の生態系しかわからない。

次ページ本当の価値は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT