ミスの多い人がわかっていない集中力の本質

散漫になりがちな注意力も上げられる

「ああ!ミスった!」の裏側にあるメカニズムとは(写真:UYORI / PIXTA)
言葉遣いや伝える内容に細心の注意を払って書いたメールなのに、送った直後、とんでもない誤字があったことに気づいた――。「あれっ、なんでこんな間違いを……」と落ち込むでしょう。これは、いったいどうしたら防げるのでしょうか?
『仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』の著者であり、脳科学・認知科学に詳しい学習コンサルタントの宇都出雅巳さんは、人間が一度に注意を向けられることには限界があるという前提に立つと、こうしたミスは劇的に減ると指摘します。

 

本記事で取り上げる仕事のミスは「アテンションミス」。注意にかかわるミスであり、「うっかりミス」や「見落とし」などです。ミスの規模は小さくても、ミスの代償は大きな損害や事故につながることも少なくありません。

たとえば巨大システムのプログラムミス。ほんの1行分の誤りが、銀行のATMシステムや飛行機の運航システムなどをダウンさせて、何十万、何百万もの人に影響を与えたりもします。または証券会社の営業担当者が犯した入力ミスが、数百億円の損害をもたらしたこともあります。株価と株数の数字を入れ替えて入力してしまったミスでした。

コンピューターの普及とネットワーク化により、今の時代は「うっかりミス」が「うっかり」で済まされない時代にもなっているのです。

では、この「アテンションミス」はなぜ起きるのでしょう。「もっと注意しろ」と言い聞かせて防ぐことができるなら苦労しませんが、そうはいかないようです。そのメカニズムを見ていきましょう。

ハーバード大学発の実験動画

「人は世界をそのまま見ているようで見ていない」

これはここ数十年、急速に研究が進んでいる認知科学で明らかになっている事実です。

私たちは世界をそのまま見ていると思っていますが、目から入った情報は脳で処理されることで初めて認識できます。つまり、私たちは「眼」ではなく「脳」で見ているのです。これが認知科学の研究が明らかにしてきた事実です。

そして、アテンションを向ける対象が変わることで、見えるもの、見えていないものが出てきてしまうのです。

次ページ「選択的注意」テスト
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。