思考のスピードの速い人の健全な「疑い方」

数字をすぐに信じてはダメ!

本当に正しいかどうか、健全に疑おう(写真:Graphs / PIXTA)
仕事のスピードが速い人は、つねに即断即決しているように見えますが、同時に「本当にこれで正しいのか」を考えて行動しています。日本IBMのシニア・プロジェクト・マネジャーとして数百人のメンバーを抱える木部智之氏は、「超速で成果を出す人は、数字やデータを鵜呑みにしない」と言います。『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』(KADOKAWA)の著者であり、自他共に認める“スピード狂”である木部氏に、仕事のスピードが速い人がもっている「健全に疑う力」について聞きました。

 

いきなりですが、質問です。同じものを2人に見せたところ、Aさんは「◯」(円)、Bさんは「□」(四角)と言いました。さて、何を見たのでしょうか?

「視点」「視野」「視座」を変えて事実をつかむ

答えは円柱です。Aさんは円柱を真上から見て「◯」と思いました。Bさんは、真横から見て「□」と言いました。

残念ながら、どちらも事実・実態とは違います。この間違った認識のまま仕事を進めたらどうなるでしょう?

円柱は手に取ってぐるっと見回したら、円柱だという実態をとらえることは簡単です。ですが、ビジネスの世界では、そんなに簡単に事実をとらえることはできません。自分が得た情報にはすでに誰かのバイアスがかかっていることもありますし、入手したデータが恣意的に加工されている場合もあります。

次ページ「視点」「視野」「視座」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。